News:学園
2015年9月1日号
世界一行きたい科学広場in熊本
“科学”で地域を活性化

8月9日に熊本校舎で、「世界一行きたい科学広場in熊本2015」が開催された。この催しは、子どもたちに科学の魅力を伝えることを目的に、10年に福岡県宗像市で付属第五高校などが中心となって開始。熊本は、昨年初めて東海大学宇宙情報センターで行われた。今回はより多くの人に熊本校舎を知ってもらおうと、会場を変更。東海大学のTo-Collaboプログラムに採択された「科学コミュニケーション活動を通じた地域活性化プロジェクト」の一環で、同校舎の教職員による実行委員会が主催した。

当日は熊本のほか湘南、清水、阿蘇各校舎の学生と教職員、付属熊本星翔高校や近隣の高校の生徒ら計34グループが出展。東海大学教育研究所の滝川洋二教授によるサイエンスショーや、同校舎に今年度設置された「植物栽培実験装置」の見学も行われ、約2300人が来場した。

会場には葉脈を使ったしおり作りやレスキューロボットの操作などのブースが並び、参加者は興味深そうに展示を見て回っていた。参加した児童は、「しおり作りは夏休みの自由研究にもぴったりで、楽しかったです」と目を輝かせていた。

6度目のin宗像に約4300人が来場

8日には宗像ユリックスで6度目となる「世界一行きたい科学広場宗像2015」が開催された。東海大と福岡短期大学、第五高、企業などがのブースを出展し、約4300人が来場。第五高生がオリジナルの車を工作する教室を開いた。

 
(写真上)in熊本では子どもたちがタブレット端末を使ってロボットを操作
(写真下)福岡短大は体力測定のブースを出展