News:総合
2015年12月1日号
熊本県へのUIJターンに協力
就職支援協定を締結

熊本県と東海大学が就職支援に関する協定を締結し、11月19日に熊本県庁で締結式が開かれた。東海大ではこれまで山梨、新潟、石川、山形の各県と同様の協定を結んでおり、今回が5例目となる。熊本県が大学と就職に関する協定を結ぶのは初めて。人口減少時代に対応するため、県内企業の情報提供を通じて熊本県へのUIJターン就職の促進を図ることなどを目的としている。

同県と立命館大学による協定と合同で行われた締結式には、中嶋卓雄九州キャンパス長やキャリア就職センターの水島久光所長らが出席。蒲島郁夫知事と協定書を取り交わしたほか、報道各社による記者会見に臨んだ。なお、締結式に先立ち山田清志学長は前日の18日に県庁を訪問。蒲島知事と懇談した後、協定書に署名した。

今後は相互に連携・協力し、県内企業による合同説明会や保護者向け就職セミナーといった就職関連行事の開催などでも連携していく計画となっている。

 
(写真)蒲島知事(左)と懇談する山田学長(中央)