Column:Point Of View
2016年7月1日号
誰もが楽しめるユニバーサル・ミュージアム
課程資格教育センター 篠原 聰 准教授

目が見えない人の生きる世界の奥行きや広がり、感性とはどのようなものか。博物館に勤めている私は、そんなことを考える。

全盲の広瀬浩二郎(国立民族学博物館)は、「見常者」(視覚優位の生活者)と「触常者」(触覚優位の生活者)という区別を提唱し、「触って驚く博物館」の実践を重ねている。皮膚とモノとの間で交換する温度の感覚や、触る主体と触られる客体の境界が揺らぐ感覚を楽しむなど、触常者の「視覚を使わない」ユニークな感性は、見常者の世界にあって見落としがちな、感覚の多様性を呼び覚ます。

身体性認知科学の分野では、触覚が、私たちの意思決定や心のあり方に影響を及ぼしていることが明らかになってきた。触覚(広義の体性感覚を含む)という感覚器官や皮膚感覚に関する研究が進み、触感を記録し再生する触覚メディアの開発や社会実装も始まっている。 

視覚や聴覚などの諸感覚は系統発生的に触覚から分化したものといえ、それらはいわば触覚の「変奏」である。触常者の経験は、見常者の経験が由来する「原点」として立ち現れることで、無自覚的な視覚優位のヘゲモニーを揺るがすという利点がある。こうして、視覚優位の感性的経験を与える場としての博物館(ミュージアム)は、感性の働きを変える場としてのユニバーサル・ミュージアムに置換される。 

触常者が拓く新たな感性の働きは、「今、ここ」にいる一人の生活者としての人間の感性のあり方に大きな変革を迫ることになる。視覚優位の生き方によって失われてしまった本来的な生を取り戻し、一人ひとりの感性の豊かさを認め合う土壌を育んでゆくだろう。 

波打ち際の数メートル手前に立って目を閉じてみる。すると数秒後には自分が浅瀬の中にいるような感覚を得る。打ち寄せる波が自分を通り過ぎて背後にまで達しているような奇妙な感覚と言い換えてもよい。波打つ音が吹き抜ける風とともに身体を通り抜ける。海に包み込まれていくような感触が心地よい。この現象は、単なる錯覚として理解するべきではなく、感性の新たな働きと捉えるべきものである。触常者の世界を再び閉ざすのではなく、見常者の世界に持ち込むのがユニバーサル・ミュージアムである。(筆者は毎号交代します)