Column:Point Of View
2016年12月1日号
ジャズを聴こう!◆A列車で行こう」
高輪教養教育センター 田丸智也 准教授

「A列車で行こう」は、さまざまなアレンジで演奏される超定番楽曲です。デューク・エリントン楽団の代表曲ですが、作曲者はエリントンではなく、ビリー・ストレイホーンです。

ストレイホーンは、ペンシルバニア州で音楽を学び、1933年(18歳)と38年(23歳)のときに楽団のライブを体験しました。この2回目の演奏後、ストレイホーンと話したエリントンは、彼にアレンジの才能を見いだし、39年にニューヨークへと呼び寄せることになります。
 
エリントンは当時マンハッタン島、ハーレム西側にあるSugar Hillという高級住宅地に住んでいました。39年にストレイホーンは、エリントンから旅費をもらって自宅までの道順を教わります。その際、メモに地下鉄のA急行を利用するように書いてありました。
 
実はこれがアイデアの源なのです。「A」というと「特等車」のイメージがあるかもしれませんが、実は地下鉄(8th Avenue Line)の急行のことだったのです。
 
ところで、同年、米国作曲家作詞家出版者協会(ASCAP)がラジオ等放送に関する使用料を大幅に値上げしました。これにより、協会に加入していたエリントンも自身の作品をメディアで演奏できなくなってしまったのです。このとき、ストレイホーンとマーサー・エリントン(デュークの息子)は、ASCAPに対抗する団体であるBMIに加入し、エリントン楽団の新曲を大量生産し登録しました。「A列車で行こう」も、こうした楽曲の一つにすぎなかったようです。
 
マーサーによれば、この曲の草稿は、既存の楽曲に似すぎていたため、一度はストレイホーンが自ら破棄したのだそうです。それをマーサーが「ゴミ箱から拾った」と語っています。その後手直しされ、41年1月にラジオ放送の録音が、2月に最初のレコードの録音が行われました。 

学生の皆さんが音楽を聴いたり演奏したりするとき、こうした創作の歴史に触れることはまれだと思います。時代背景、作曲技法、楽器技術などの視点から楽曲を俯瞰してみると、音楽の楽しみ方がいっそう豊かになります。
(筆者は毎号交代します)