News:スポーツ
2017年3月1日号
ユニバ・全日本学生選手権で活躍
【ユニバーシアード冬季大会】
ジャンプ・中村選手が2冠!
1月29日から2月8日までカザフスタンで開催されたユニバーシアード冬季競技大会で、札幌校舎スキー部の中村直幹選手(国際文化学部2年)が男子ジャンプノーマルヒル個人の金メダルを獲得。女子選手とペアを組み、合計点を争うジャンプミックスリレーでも優勝し、2冠に輝いた。混合団体では、古賀極選手(同)も銅メダルを獲得している。


【全日本学生選手権大会】
仲間の声援が後押し 男女3種目で優勝

青森県・大鰐温泉スキー場などで、2月19日から24日まで行われた全日本学生選手権大会に札幌校舎スキー部男女が出場した。

アルペン・男子スーパー大回転では、柿崎夢之助選手(国際文化学部3年)が優勝。「自分の持ち味であるアグレッシブな滑りが優勝につながった」と勝因を挙げた。

大回転では、後藤悠史選手(同1年)が初出場のインカレで頂点に。2位には小原健汰選手(同4年)が入った。ルーキーながら見事に栄冠を勝ち取った後藤選手は、「大学では競技レベルが上がるので、くらいついていくつもりだった」と話し、「トップに立ち続けられるように努力していく」と抱負を語った。

女子では、クロスカントリー・5キロクラシカルで田中ゆかり選手(同3年)が優勝。アップダウンの少ないコースで積極的な滑りを見せ、2位に16秒差をつける15分39秒6で圧勝した。

「前日には10キロフリーがあり、疲労も残っていた。優勝できると思っていなかったのでうれしい。ゴール前の登り坂では、チームメートの声援が後押しになり、粘ることができた」と仲間たちに感謝していた。

なお、総合順位では男子が準優勝、女子は3位に入賞した。


【冬季アジア大会】
スノーボード・家根谷選手が金メダル

札幌市などで2月19日から26日まで行われているアジア冬季競技大会で、北海道東海大学を2006年度に卒業した家根谷依里選手(大林組)がスノーボード女子大回転で大会第一号となる金メダルを獲得した。

家根谷選手は、在学中の05年に全日本スキー選手権スノーボード女子大回転で優勝。06年のトリノオリンピック、卒業後も10年のバンクーバーオリンピックに出場するなど国内外の大会で活躍してきた。

今大会は、2本の滑走の合計タイムで争われる大回転の1本目に55秒67を記録し、2本目には後半にターンが外側に膨らむミスがあったものの冷静に立て直し、トップの47 秒80をマーク。合計1分43 秒47で、2位に2秒差以上をつけて見事に頂点に立った。

「大学4年間を過ごした『第二の故郷』ともいえる札幌で優勝できてとてもうれしい」と家根谷選手。回転でも銀メダルを獲得し、「普段はヨーロッパでの試合が多く、日本の皆さんに試合を見てもらう機会は少ないが、今回日本での大会で結果を残せたことで、少しでもスノーボード競技への注目が高まってほしい」と語った。

同大会では、アルペン・男子大回転に出場した成田秀将選手(15年度卒・ミキハウス)が、トップと2秒73差で銅メダルを獲得。ジャンプ個人ノーマルヒルでは、中村直幹選手(国際文化学部2年)が6位に入賞した。また、女子カーリングには吉田夕梨花選手(15年度卒・LS北見)が出場した。1次リーグを2勝2敗で突破。準決勝で中国に5―6で敗れたものの、3位決定戦でカザフスタンに17―0で大勝し、銅メダルを獲得した。(2月23日記)
 
(写真上から)
▼大回転で優勝した後藤選手
▼田中選手はクロスカントリー・5キロクラシカルで優勝
▼スーパー大回転を制した柿崎選手
▼2つのメダルを獲得した家根谷選手。18年の平昌五輪出場にも期待がかかる