News:総合
2011年4月1日号
2011年度の学費・諸会費の減免を決定
被災地域出身の学生を支援

東北地方 太平洋沖地震 応急奨学金や見舞金も  
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響を受け、東海大学では被災した在学生や入学希望者の学費・諸会費の減免などを決定。緊急・応急対応の奨学金や見舞金の交付などと連動させて、学生の勉学やキャンパスライフを積極的にサポートしていく方針を打ち出した。なお学園の各教育機関でも、支援の取り組みが始まっている。

震災を受けて睫酘麩些慊垢蓮◆嵌鏈卉楼茲粒Г気泙琉汰瓦筏澑臑寮の確立、そして、一日も早い復興への着手を衷心からお祈り申し上げますとともに、今後も本学では教育研究機関としての使命を全うすべく、全力を尽くして参る所存であります」と哀悼の意を表明。東海大のホームページを通じ、被災した学生への支援策や大学の対応を順次公表している。

今回、学費・諸会費の減免措置の対象となるのは、2011年度の在学生の家族が原則として「災害救助法適用地域」に在住し被災した人、原則として学費等納付者が同地域に単身赴任および出張などで重度の被災を受けた人。希望者は申請書に必要書類を添えて、4月20日までに各校舎の教学課などに申請が必要。入学希望者についても、すでに所定の手続きに取りかかっている。

新学期に向けて各校舎で安全を再確認
また、震災により家計が急変した学生に対し、従来ある勤労奨学金に準ずる「学校法人東海大学特別勤労奨学金」(月額6万円)を緊急に設置。このほか、東海大学の応急奨学金や後援会奨学金、学生安全会見舞金、日本学生支援機構の緊急・応急奨学金といった従来型奨学金の活用も呼びかけている。※いずれも詳細は、各校舎の教学課などへ問い合わせを。 

なお各校舎では建物と施設の安全確認を実施。これまでに大きな損壊などは発生しておらず、平常通り入構可能となっている。東京電力が実施する計画停電の状況などにより、湘南校舎をはじめとする各校舎では4月以降も授業等の変更が予想されている。詳細は東海大学のキャンパスライフエンジンのほか、各大学・短大のホームページなどで確認を。

 
(写真)学生らによる募金活動など、被災地への支援も活発化している=写真は短期大学部