News:スポーツ
2018年11月1日号
出雲駅伝総合3位
【陸上競技部駅伝チーム】
「経験を全日本、箱根に」

陸上競技部駅伝チームが、10月8日に島根県出雲市で開催された出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲大社正面鳥居前〜出雲ドーム前・6区間/45.1キロ)で3位に入賞した。

今大会には全国の各連盟の代表とアメリカのIVYリーグ選抜の計21チームが出場。昨年度10年ぶりに同大会で優勝し、連覇を目指した駅伝チームは、2区の館澤亨次選手(体育学部3年)の区間2位の好走などで、3区を終えて総合4位に。続く4区の關颯人選手(同)も区間2位の力走で、3位拓殖大学に迫った。5区では大学駅伝デビューとなった郡司陽大選手(同)が、総合順位を3位へと上げ、アンカーの湯澤舜選手(同4年)がゴールテープを切った。

両角速駅伝監督(体育学部准教授)は、「今回は悔しい結果になりましたが、今大会で大学駅伝に初めて出場した選手もいました。この経験を糧に、全日本大学駅伝対校選手権大会(11月4日)、そして東京箱根間往復大学駅伝競走(1月2、3日)へとつなげてほしい」と語った。
 
なお、レース当日は湘南校舎の応援団、チアリーディング部、吹奏楽研究会からなる約60人の学生とともに、東海大学校友会中国ブロック(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)の会員が参加し、約200人の大応援団で選手たちに声援を送った。

新たな伊勢路で15年ぶりの頂点へ
全日本大学駅伝号砲迫る

昨年度10年ぶりに出雲駅伝を制し、今大会は連覇を目指した駅伝チーム。レース後、東海大学とともに「3強」と称される青山学院大学、東洋大学に敗れた悔しさから選手たちの表情は暗く、館澤亨次選手(体育学部3年)は涙をこぼした。

この敗戦を糧に全日本では頂点に立つ――。湘南校舎に戻り、練習を再開した選手たちは口をそろえる。リベンジの舞台となる全日本は今年50回の記念大会を迎え、1区から7区の距離が大幅に変更される。
 

「変更で大きな影響があるのは1区」と両角速駅伝監督(体育学部准教授)。昨年度までは14.6キロと距離が長かったことから、各大学の中心選手が顔をそろえていたが、今回から5キロ以上短くなる。「例年どおり主力を配置して流れをつくるのか、“我慢の区間”と捉え、その後にエースを投入して順位を上げるのか、各大学の見解が分かれるはず」と両角監督は言葉を続けた。
 
さらに、2区から6区は12キロ前後の距離に変更となる。「選手層の厚さを武器にする今年のチームなら、どの区間でも他大学を引き離すレースができる」と湊谷春紀駅伝主将(体育学部4年)は自信を見せる。出雲駅伝に出場した6選手に加え、鬼塚翔太選手(同3年)、西田壮志選手(同2年)らも調子を上げており、他大学の力が落ちる中間区間でもほかのランナーを引き離す場面が見られそうだ。
 
終盤の7区、8区は17.6キロ、19.7キロと長距離区間が続く。出雲でアンカーを務めた湯澤舜選手(同4年)と湊谷主将の4年生コンビをはじめ、スタミナに自信を持つ選手たちが実力を発揮すれば、15年ぶりの頂点も見えてくる。



 
(写真上)大声援を背に力走する湯澤選手
(写真下)出雲駅伝2区区間2位と好成績を残し、全日本でも快走が期待される館澤選手