News:ひと
2018年11月1日号
シルク・ドゥ・ソレイユ特別公演に出演
憧れの舞台で熱演 涙のフィナーレ

鈴木ちひろさん(体育学部3年)

今年7月の全日本一輪車競技大会ペア演技部門で連覇を果たした鈴木ちひろさん(体育学部3年)が、カナダのエンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」のステージにパフォーマーとして出演した。

鈴木さんが出演したのは、9月23日にサウジアラビアの建国88周年を記念して首都リヤドで開催された特別公演「SAND(SaudiArabia NationalDay)」。世界各国からパフォーマーが集められ、日本からは一輪車のパフォーマー12人が参加した。初めての海外公演で言葉の壁に戸惑い、気温40度以上と過酷な環境でも、「自分らしさを忘れないように」と臨んだ。

「サウジアラビアの未来」をテーマに構成された舞台では、ランタンを模した被り物を身につけて縦横無尽に走ったり、ダンサーとコラボレーションした演技を披露したりと、鮮やかなパフォーマンスで観客を魅了した。

「シルク・ドゥ・ソレイユは中学生のころからずっと憧れていた舞台。自分が出演しているなんて夢のようで、最後は感動して涙が止まらなかった。頭の中はこれまでお世話になった指導者や仲間、家族や友人への感謝の気持ちでいっぱいでした。一生忘れられない夏になりました」
 
(写真)各国から集まったパフォーマーと鈴木さん(左から3人目)