News:研究
2019年5月1日号
【医学部付属病院】再生医療で腰痛症を治療
国内初の治験開始

医学部医学科の酒井大輔准教授(外科学系整形外科学)を中心とした研究グループが、傷んだ椎間板を再生医療で修復再生する新たな治療法を開発。5月から医学部付属病院で、腰椎椎間板変性症を原因とする腰痛患者を対象とした国内初の治験を開始する。

4月18日には東京・霞が関の東海大学校友会館で記者説明会を開き、酒井准教授が概要を紹介。同病院の渡辺雅彦病院長、治験で使用する細胞治療製品を開発しているアメリカ・ディスクジェニックス社のフラッグ・フラナガンCEOらも同席した。

椎間板の変性は脊椎に関するさまざまな疾患を引き起こし、腰痛の大きな原因となっている。この治療は、成人ドナーの椎間板由来細胞から作製した細胞治療製品「IDCT―001」を患者の椎間板に投与して修復再生を促すもの。医薬品医療機器総合機構による品質や安全性に関する審査を経て同病院の治験管理委員会で承認され、患者に対する安全性などを確認する治験(臨床第義蝓第響蟷邯海鳩兮慨兒〇邯)に臨む。

酒井准教授は、「腰痛に悩む患者さんが痛みから解放され、新たな人生を送れるよう努力したい」と意気込みを語った。

 
(写真)記者説明会で報道関係者の質問に答える酒井准教授(右端)