News:スポーツ
2019年5月1日号
【サッカー部男子】リーグ戦1部昇格に挑む
新しい人工芝グラウンドでホームゲーム

2度の全日本大学サッカー選手権大会優勝など、1980年代後半から90年代初めにかけて大学サッカー界を席巻したが、近年は苦しい戦いを余儀なくされているサッカー部男子。黄金期を知る卒業生で元Jリーガーの後藤太郎監督(体育学部講師)が2014年に指揮官に就任し、昨年度からファーストユニホームを東海ブルーに変更、今年2月には人工芝グラウンドがリニューアルされた。今年度は2009年以来の関東大学リーグ戦1部昇格を狙う。 (4月23日記)

昨季は関東大学リーグ戦2部で前年度と同じ10位に終わった。後藤監督は、「辛くもという感じでしたが、2部に残留できたことで1年時から主力を担う現3年生を中心に経験値は上がった。何度も接戦を戦い、場数を踏めたことは大きい。今季は2位以内に入り、1部昇格を果たしたい」と意気込む。

昨季は22戦で18点と、得点力がリーグ最下位だった。この課題を克服すべく、セットプレーに磨きをかけるとともに、「週1回はミーティングを開き、試合の映像を見ながらどうやったら改善できるかを話し合うようにしている」とDF面矢行斗主将(体育学部3年)。

高いテクニックを持つ強豪大学に太刀打ちする手段として、パワーを生かしたサッカーを展開するためのフィジカル強化にも励んできた。

面矢主将は、チームの強みを「飛び抜けた選手がいない分、一人ひとりが役割を全うし、助け合いながら90分間を戦い抜くところ」と話す。

“全員サッカー”を掲げるチームで、後藤監督は特に「身体能力が高くスピードがある」というFW砂金大輝選手(同)や、「中盤で攻守の要となる」MF武井成豪選手(同)に大きな期待を寄せる。

人工芝グラウンドがリニューアルされたことで、5月19日と6月2日には3年ぶりとなるリーグ戦のホームゲームが開催される。「最新の芝に張り替えていただき、選手たちのモチベーションは上がっています」(後藤監督)、「移動の負担が減るし、いつも練習している場所だから自分たちに有利に働くはず」(面矢主将)

先月開幕したリーグ戦では、立教大学と日本大学を相手に幸先よく連勝スタートを切った。ただ、面矢主将が「相手のミスに助けられて勝てた。内容としてはまだまだ」と話すように、11月まで続く長丁場の戦いでは、徐々にチームを構築しながら完成形に近づけていくつもりだ。開幕前に続出していた故障者も少しずつ戦列に復帰しており、チームには今、いい流れが生まれつつある。

チームの象徴でもあった黄色と黒のストライプ柄は、昨年度からセカンドユニホームとなったが、猛々しく戦う「猛虎」の精神は変わらない。100人をこえる部員が一丸となり、10年ぶりの1部復帰と強い猛虎軍団を取り戻す戦いが始まった。 (取材=小野哲史)

 
(写真上)新しくなったグラウンドで練習に励む面矢主将
(写真下)フィジカル強化にも取り組む