News:スポーツ
2019年8月1日号
【陸上競技】坂口選手“王者”を抑え日本一
日本選手権3000メートル障害

陸上競技の日本一を決める日本選手権大会が、6月27日から3日に福岡市・博多の森陸上競技場で開催された。3000メートル障害では湘南校舎で活躍する陸上競技部の阪口竜平選手(体育学部4年)が初優勝。付属相模高校の三村香菜実選手(3年)は実業団選手や大学生を相手に200メートルで決勝進出を果たした。

阪口選手は5月の関東学生対校選手権大会3000メートル障害でも終始先頭でレースを進め、初の優勝を果たした。しかし、同レースで左足首を負傷。約一ヵ月後の日本選手権出場に暗雲が漂った。それでも、「日本一という目標を簡単にあきらめるわけにはいかない」と足首に負担のかからないバイクや筋力トレーニングで心肺筋力が落ちないようトレーニングを続けた。

大会当日まで、左足首が完治することはなかったが、阪口選手は、日本の頂点を目指してスタートラインに立つ。

最大のライバルとなったのは前回大会覇者の塩尻和也選手(富士通)だ。2016年のリオデジャネイロ五輪では学生で唯一日本代表に選出されるなど日本の3000メートル障害を牽引している。

レースは両選手が抜け出し、先頭が何度も入れ替わる展開に。残り300メートルを迎え、障害を越える際に塩尻選手のリズムが崩れ、2人が接触。このアクシデントで塩尻選手は後退するも、阪口選手は後続との差を広げ、日本一に輝いた。

初の栄冠に加え、タイムも8分29秒85と自己ベストをマーク。優勝後、「日本一になれたことはうれしいが、9月に行われるドーハ世界選手権大会の参加標準記録にあと0.85秒届かなかった。ハードリングなどの課題を改善して、なんとか世界選手権への切符をつかみたい」と語った。

両角速駅伝監督(体育学部准教授)は、「8分30秒を切れたのは着実に走力がついている証拠。参加標準記録に届かなかったが、その悔しさを今後につなげてほしい」と話した。

「憧れの舞台」で力走 高校日本一狙う

相模高の三村選手は、日本選手権200メートルの予選で「少し緊張もしていたので、前半からスピードに乗ることができなかった」と語りながらも、組2着となり、見事決勝に進出。8位に入賞した。

「一昨年、先輩のサポートで日本選手権に参加し、日本を代表するランナーを見て、いつか自分も出場したいと思っていた」と三村選手。「憧れの舞台で走ることができて感動しましたが、まだまだ足りないものだらけ。8月の全国高校総合体育大会まで時間は短いが、しっかり調整して優勝を狙いたい」と語った。

指導にあたる小野大輔監督(相模高教諭)は、「高校生で日本選手権の決勝に進出したのは立派だが、この結果に満足しないでほしい。それだけの力がある選手なので、今後の飛躍に期待している」と話している。

 
(写真上)阪口選手(右)は、塩尻選手とマッチレースを繰り広げた
(写真下)初の大舞台ながら好成績を残した三村選手