News:教育
2019年12月1日号
建築家・田根氏、経営者・原田氏が就任
世界で活躍する卒業生が客員教授に
次世代の建築家に刺激を 「建築都市学部」を後押し

東海大学が11月1日付で、建築家の田根剛氏に工学部建築学科の客員教授記を授与した。田根氏は、付属浦安高校卒業後、1998年に北海道東海 大学芸術工学部建築学科 に入学。在学中にスウェーデン・ヨーテボリ大学とチャルマース工科大学に留学し、卒業後はデンマーク王立アカデミー客員研究員を経て、2006年に国際コンペティション「エストニア国立博物館」で最優秀賞を受賞。同年に渡仏し、DGT. を立ち上げ、17 年にはAtelier Tsuyoshi Tane A rchitectsとして独立。フランス国外建築賞グランプリ(16年)など数々の賞を受賞し、世界的な注目を集めている。

11月4日には東京・霞が関の東海大学校友会館で、客員教授記授与式を挙行。山田清志学長が客員教授記を手渡した。
 
田根氏は「次世代の建築家となる学生たちに少しでも刺激を与え、学びを深めるきっかけをつくりたい」と抱負を述べ、山田学長は「田根客員教授には22年の実施を計画している本学の改組改編で開設予定の『建築都市学部』の船出を後押ししてほしい」と期待を寄せた。

就任記念講演会を開催 経営者の理念を語る

湘南校舎松前記念館で11月19日、(株式会社)原田泳幸事務所代表取締役の原田泳幸氏による政治経済学部客員教授就任記念講演会が開催された。

原田氏は工学部卒業生 で、アップルコンピュータ(株式会社)代表取締役社長や日本マクドナルドホールディングス蠡緝充萃役会長兼社長兼CEOを歴任。講演会は、このほど政治経済学部客員教授に就任したことを記念して企画された。

原田氏は、学生や教職 員ら約300人を前に、「ピープルビジネスの成 功の鍵」をテーマに、日本マクドナルドの経営に参画した当時を振り返りながら、経営改革のあり方やその具体的な手法、経営者の理念について熱弁を振るった。

なお、開会前には山田清志学長が原田氏に客員教授記を手渡すセレモニーも行われた。

 
(写真上)山田学長(前列右から2人目)から田根氏(同3人目)に客員教授記が手渡された
(写真下)記念講演会では経営者としての理念を語った