News:スポーツ
2020年3月1日号
【スキー部男女】インカレで4種目を制覇
ルーキー北出選手ら活躍

札幌校舎で活動するスキー部が、2月12、13日と24日から27日の日程で、秋田県・田沢湖スキー場と鹿角スキー場を会場に開催された全日本学生選手権大会(インカレ)に出場。男子は総合2位、女子は総合3位となった。

男子ではノルディックのスペシャルジャンプで、山川太朗選手(国際文化学部3年)が同種目の連覇を達成。クロスカントリー10キロフリーでは、北出竜之介選手(同1年)が初の学生日本一に輝いた。リレーでも3走を任され、チームをトップへと導き、優勝に貢献した。

北出選手は、「高校時代は成績を残せていなかった。日本一は本当にうれしい」と笑顔を見せる。今夏は短いスキー板にタイヤのついた「ローラースキー」で、長い距離を走りスタミナや筋力をつけてきた。「競技に集中できる環境はもちろん、チームの雰囲気もよい。まだまだ成長できると思うので、国際舞台でも活躍できるような選手になりたい」と目を輝かせた。

女子では、アルペンの回転で富井雪奈選手(同2年)が優勝。「2本目のコースセッティングが難しく、ほかの選手にミスが出ている中でも、減速せず無駄のない滑りができた」と勝因を語った。


 
(写真上から)
▼初の学生日本一になった北出選手
▼連覇を果たした山川選手
▼女子回転で優勝した富井選手