News:学生
2011年6月1日号
6月17日〜19日 北海道で建学祭が開幕!!
今年のテーマは「友環〜ゆうわ」と「えん。」

北海道キャンパスの札幌校舎と旭川校舎で、6月17日から19日まで建学祭が開催される。今年のテーマは札幌校舎が「友環〜ゆうわ〜」、旭川校舎は「えん。」。どちらも、建学祭を通して学生や市民がつながり、人の輪を作る場にしたいとの思いが込められている。建学祭実行委員長に見どころや意気込みを聞いた。



札幌 世代を超えて楽しめる多彩なイベントが満載

「市民と学生が一体となって盛り上がる、町内会の夏祭りのような雰囲気があるのが札幌校舎建学祭の魅力です。幅広い年代の人々に楽しんでいただけるようなプログラムをたくさん用意しました」と、実行委員長の小野衣里奈さん(生物理工学部3年=右写真)。

今年は、子ども向けに風船で人形や動物などを作るバルーンアーティストのKAZUをゲストに呼ぶほか、毎年チケットが完売し、市民と学生が一体となって盛り上がる大ビンゴ大会、他大学や地域のグループも参加する「よさこいソーラン演舞」など、多彩なイベントを準備している。小野さんは、「参加したすべての人が楽しめる、素晴らしい祭りを一緒に作りましょう」と呼びかけている。

旭川 市民と学生が縁を結び地元旭川を盛り上げる

旭川校舎の建学祭は、芸術工学部の学生こだわりの展示が魅力だ。実行委員長の西能(さいのう)智章さん(芸術工学部3年=右写真)は、「授業やサークル活動で技術を磨いた学生が、自ら作った家具やイラストなどを展示します。皆がこの日のために作った作品をぜひ見てもらいたい」と語る。


市民と学生の交流を今まで以上に活発にしたいと、今年は新たに「トレジャーハンティング」を実施。地図を見ながらスタンプラリー形式で施設や展示スペースを巡り、旭川校舎全体の魅力を知ってもらう企画だ。「校舎に集った人々が縁をつなぎ、地元旭川全体を盛り上げる。そのきっかけにしたい」と話している。

 
(写真上から)
▽札幌・実行委員長の小野さん
▽多彩な模擬店にも注目を
▽旭川・実行委員長の西能さん
▽参加型のイベントが盛りだくさん