News:研究
2011年6月1日号
2人の新任教員が先端研究を紹介
テニュアトラックセミナー

東海大学創造科学技術研究機構医学部門が主催する「2011 年度テニュアトラック教員着任セミナー」が5月12日、伊勢原校舎で開催された=写真。4月1日に着任した教員が、自らの先端研究を紹介する目的で開かれたもの。学内外から多くの参加者が集まった。

東海大は10年度からテニュアトラック制度に基づく文部科学省公募事業・科学技術振興調整費(今年度より「科学技術人材育成費補助金」と改称)に採択され、「国際的研究者を育て得るメンター研究者養成」に取り組んでいる。当日は、加藤明准教授が「運動学習プロセスの柔軟性」、細田徹准教授が「心臓幹細胞と再生」をテーマに講演。参加者から活発な質疑があった。