News:総合
2012年1月1日号
就活本番を迎えた3年生
模擬面接で対策を練る

湘南校舎で昨年11月23日から30日までの期間中の5日間、模擬面接会が行われた。キャリア支援センターが開講する「キャリア形成2」と「キャリアゼミ」を受講している3年生の希望者が対象。

同センターでは1、2年生を対象とした「キャリア設計1・2」と、3年生を対象とした「キャリア形成1・2」を、2010年度入学生から選択科目の授業として順次開設している。実践的なキャリア科目を体系的に履修することで、卒業後に必要な力を養っていくことが目的だ。

今回の模擬面接は5日間で計348人の学生が受講。4、5人のグループに企業の採用担当者や企業カウンセラーの資格を持つ学外の面接官1人がつき、グループ面接や個人面接を体験した。面接後には面接官からアドバイスを受けたほか、グループ内でもお互いにチェックシートを記入して、話し方や服装などを指摘し合った。参加した学生は「緊張して思ったように話せなかった」「面接官から『自己紹介などは暗記をするより、要点を覚えて臨機応変に』と言われたので、今後に生かしたい」と話していた。

 
(写真)1分間の自己紹介や学生時代に頑張ったことは準備してきちんと答えられた学生も「自分を動物に例えると?」「短所は?」の問いには言葉に詰まる場面も。「準備不足です。いい勉強になった」と話していた