News:スポーツ
2012年1月1日号
バレーボール全日本インカレ男女アベックV
大会史上4度目の快挙!

史上4度目の快挙だ。昨年12月5日から11日まで川崎市・とどろきアリーナほかで行われた全日本大学選手権大会(男子64回・女子58回)で、バレーボール部がアベック優勝を遂げた。男女とも日本体育大学との決勝戦を制し、男子は2年ぶり7回目、女子は13年ぶり6回目の栄冠。札幌校舎からも男女で出場し、男子は2回戦で、女子は予選グループ戦で敗れた。

「前回大会で負けてから、次は日本一になる、それしか考えていませんでした」と選手たちは口をそろえる。昨年度の同大会、男子は準々決勝で、女子は決勝で散った。それから1年。目指し続けた栄冠に、やっと手が届いた―。男女とも初戦から準々決勝までの4試合をストレートで制した。準決勝はともに秋のリーグ戦で敗れた相手との顔合わせ。男子は中央大学を3―1、女子は嘉悦大学を3―2で下した。

迎えた日体大との決勝戦、まずコートに立ったのは女子だった。「勝たなきゃ日本一になれないと硬くなってしまった」(吉村志穂選手・体育学部4年)と第1セットこそ落としたものの、第2セット以降は危なげなく連取して3―1に。山口かなめ主将(同)は「4年間で3度目の決勝戦。過去2回は先輩に悔しい思いをさせて、応援してくれた人をがっかりさせて……。今大会は絶対に日本一になって、皆に恩返しがしたかった」と涙ながらに喜んだ。

“最高の仲間”切磋琢磨して日本一に
前試合の興奮冷めやらぬまま始まった男子決勝戦。第1セットを先取したものの、先に王手をかけたのは日体大だった。

「男子こそ」と熱の入る日体大応援団の歓声が会場を包む中、「東海頑張れー!」と声が響く。押される雰囲気を女子部員の大声援が押し返す。「苦しいときも応援が聞こえた。いい流れを作ってくれた」と小澤翔主将(同)は振り返る。後半はスパイクをことごとくブロックし、フルセットに持ち込んだ。「泣いても笑っても最後の15点。すべてをかけて、東海らしくいこう」と声をかけ合って、秋のリーグ戦で2―3と惜敗した相手に雪辱を果たした。

男女そろっての日本一に、両部の部長も務める積山和明(まさあき)男子監督(体育学部教授)は、「普段はコートの間がわずか3メートルという狭いスペースで隣り合って練習している。切磋琢磨してきたことが大きな要因」と語る。吉村選手が「距離が近い分、ぶつかってけがをしないように、お互い気の張った練習ができている」と話せば、小澤主将は「練習中、今日の女子は気合が入っているなとか、今日は俺たちのほうが声出てるだろとか、そんな会話はしょっちゅうしています」と笑う。「決勝前日も顔を合わせて、アベック優勝を約束した。最高の仲間に出会えたからこその日本一だと思います」

記者の目 技術だけではないすべてで日本一に
「はい回って〜!」。静まり返った体育館に元気な声が響く。閉会式後の午後8時過ぎ。東海大の選手たちが学生連盟のスタッフに混ざって会場の片づけを始めた。

観客席のゴミを拾い、シートを撤去し、床の汚れを雑巾で丁寧に拭き取る。数時間前まで熱戦を繰り広げていた選手たちが疲れも見せず、「本当に優勝したのかな?」と笑い合いながら作業をこなしていく。最後は9人のモップ隊が息を合わせて体育館中を走り回った。会場の片づけは学連の仕事だが、昨年は東海大女子が決勝で負けた後に感謝を込めて手伝った。「次は優勝して手伝うと決めていた」とマネジャーの上野優香里さん(体育学部4年)。吉村選手は「すべてにおいて日本一のチームが目標ですから」と笑った。

午後9時近くに作業を終えて、すがすがしい表情で引き揚げていった選手たち。その後ろ姿にあらためてこの言葉を贈った。「日本一、おめでとう」(小平彩佳・文学部3年)

 
(写真上)セッターの山口主将が女子の最優秀選手賞に。「1試合1試合に4年間の思いを込めて戦いました。最後まで気を抜かず、みんなを信じてトスを上げ続けて優勝できたことは本当にうれしい」
(写真下)男子の最優秀選手賞に輝いたライトの小澤主将。「東日本大震災の影響で春季リーグ戦が中止された今年度。バレーを続けられることに感謝して戦ってきた1年だった」