News:ひと
2012年3月1日号
湘南ベルマーレに入団

精度の高いキックが武器
サッカー部 岩上祐三 選手(体育学部4年)


ピッチでひときわ輝く“背番号8”。その右足から放たれる放物線は、チームに幾度も勝利をもたらした――。

入学当初からMFとしてレギュラーに定着し、チームの核として活躍した岩上選手。新人離れしたキック力を武器に、前線に精度の高いボールを供給。セットプレーではキッカーを任されるなど多くの得点にかかわり、ルーキーイヤーには関東大学リーグ戦2部の新人賞にも選出された。

「キックの精度には自信がある」。そう語る裏には、2人の兄とボールを追い続けた経験が生きている。7歳と6歳離れた兄たちが使うボールは、幼い岩上選手にとって一回りも二回りも大きかったが、「当時は練習している意識はなく、遊んでいるだけだった」。重いボールを蹴ることで、自然とキック力が身につき、楽しんで練習するうちに、サッカーに夢中になった。

磨き抜かれたキック力はプロの目を引きつける。4年時にJ2の湘南ベルマーレから東海大史上初の特別指定選手に認定され、大学に籍を置きながら、Jリーグの試合にも出場した。「意識も動きもレベルが高い。学ぶことばかりでした」

Jリーグと両立させながら今年度の関東大学リーグ戦2部では、リーグトップのアシスト数を記録するなどチームを牽引。「4年間で多くの経験をすることができ、東海大に来てよかった」と笑顔を見せる。卒業後は湘南ベルマーレの選手として、次のステップへと駆け上がる。「常に上を目指してチャレンジしていきたい。いつかは日本代表に入ることが目標です」。(取材=野瀬直裕・文学部3年)

 
(写真)MFからDFまでこなし、1年時には関東大学リーグ1部昇格に大きく貢献。4年時には副主将も務めた
特別指定選手 
サッカー選手として最も成長するユース年代に、組織や連盟等の垣根をこえ、「個人の能力に応じた環境」を提供することが目的。日本サッカー協会の認定した選手に限り、所属チームに籍を置いたままJリーグ等の試合に出場できる。