News:学園
2012年4月1日号
東北の子どもに元気を!
教育開発研究所が石巻の科学イベントに参加

3月17日に宮城県石巻市のイオンモール石巻で開かれた「科学で東北を盛り上げ隊!@石巻」に、教育開発研究所がブースを出展。滝川洋二所長をはじめとする教員5人が、理科や数学の実験教室を行った。これは、山形大学が運営する「やまがた『科学の花咲く』プロジェクト」の活動に協力したもの。当日は東海大や山形大など合計15団体が参加。近隣の小中学生など延べ7300人が参加した。

東海大ブースでは、風船の中にLEDライトを入れて作るランタンや光るスライムづくり、正三角形を使った多面体工作などを用意。子どもたちは、夢中になって科学の不思議を体験していた。滝川所長は、「被災地では子どもの“教育”に関する支援も求められています。今後もこのようなイベントに参加し、科学の楽しさだけでなく、学習のポイントなども教えたい」と話している。

 
大勢の子どもが理科や数学の実験に取り組んだ