News:付属諸学校
2012年5月1日号
付属校運動部に新チームが誕生
地域のクラブチームと連携

各競技で日本一を目指して活躍する各付属高校の運動部で、地元スポーツクラブと連携したチームの結成や既存のチーム強化を図る動きが広がっている。この4月にも各校で新たな部活動が誕生した。付属第五高校(宗像市)のラグビー部と付属熊本星翔高校のサッカー部女子チームを訪ねた。

激戦区に旋風起こす トップチームとタッグ
第五高ラグビーフットボール部

福岡のラグビー界に新たな風を起こそう。昨年度の全国高校大会(花園)で3連覇した東福岡高校や全国大会常連の筑紫高校など強豪がそろう激戦区・福岡に産声を上げた第五高ラグビーフットボール部。創部は、全国制覇3度の強豪・付属仰星高校(枚方市)のラグビー部を部長兼コーチとして指導してきた津山憲司総監督(第五高副校長)が昨年4月に同校に赴任したことがきっかけだ。

第五高のある宗像市に本拠地を置く国内最高峰のトップリーグに所属する福岡サニックスブルースのサポートを得られることも決まり、準備を進めてきた。「福岡は小中学生のクラブも多く、ラグビーが盛んな土地。その中で、高校と大学で日本一を争ってきた東海大学の一員として挑戦していきたい」と津山総監督は話す。

1期生29人が入部 固い結束で活躍誓う

東海大ラグビーフットボール部の木村季由監督(体育学部准教授)も協力し、同部出身の笠松高志教諭が監督に就任。サニックスの藤井雄一郎監督らコーチ陣と連携して、選手育成に定評のある同チームの練習プランを用いて指導にあたる。4月には1期生として小中学生からクラブチームで楕円球に触れてきた1年生ら29人が入部した。「東福岡を倒すために、新しいチームに来た」(朝倉隆太郎選手=1年)、「同じ高校ばかり強くてはつまらない。自分たちが旋風を起こす」(永島春樹選手=同)と意気も高い。「自分たちでチームをつくる楽しさを感じている。メンバーもすぐに打ち解けた」(宮脇大悟選手=同)と結束も固い。

選手たちは連日、サニックスの本拠地・玄海グラウンドをはじめ、隣接する福岡短期大学のグラウンドなどで、目標に掲げる花園制覇を目指して汗を流す。チームの初陣は5月、大分県で行う合宿で仰星高1年生チームの胸を借りる。「今年度は県ベスト8、次はベスト4が目標。段階を踏んで全国制覇を狙っていく」と津山総監督。第五高フィフティーンの奮闘に注目だ。

女子の競技環境を整備 未来の“なでしこ”目指す
熊本星翔高サッカー部女子

これまで男子だけだったサッカー部に女子部門が創設された熊本星翔高校。地域からの「女子も高校でサッカーに取り組める環境を」という声や、地元クラブチーム「熊本ユナイテッドSC」(USC)の協力を得られたことがきっかけとなった。練習はUSCと連携して実施。授業後に熊本市内にあるグラウンドに移動して、週4回のうち、2回はUSCと合同で練習する。選手たちは当面、USCの一員として九州リーグなどの大会に出場していく。「メンバーがそろったところで熊本星翔高チームとして公式戦出場を目指したい」と松山賢一部長(熊本星翔高教諭)は話す。

創部と同時に、以前からUSCに所属していた新入生2人と、在校生1人が入部したほか、未経験者の入部も相次いでいる。USCの川上義勝監督は、「経験者の3人は中学時代から素質を見込まれていた選手たち。将来の爐覆任靴〞入りも夢ではない」と実力に太鼓判を押す。九州女子サッカーリーグ運営委員長でUSC代表の田辺信一さんは、「女子サッカーの人気は出ても、環境の整備はまだまだ。今回の創部が女子サッカー界の活性化につながれば」と期待を寄せる。

主将の笹井涼夏(すずか)選手(2年)は、「高校進学後は競技から離れていましたが、またサッカーができてうれしい」と話す。同じく経験者で、1年生の盪殻斉香選手と藤木佐名子選手は、「サッカーを続けられる環境に感謝。もっと強くなりたい」と口をそろえる。3人とも目標は「高校総体優勝」。日本一に向けて未来の“なでしこ”が走り出した。
 
同好会から昇格し 強化に取り組む
第三高女子サッカー部

付属第三高校(茅野市)では、4月に女子サッカー部が発足。地元のクラブチーム「FCアビエス」と連携して強化に取り組んでいる。昨年9月、「部活動としてサッカーに取り組みたい」という生徒からの希望に応じて、同好会が発足。部員数が増加したことから生徒会代議員会などの承認を受けて昇格した。

 
(写真上から)
▽サニックスの本拠地・玄海グラウンドで練習に励む選手たち。4月1日には、地元の宗像大社を参拝し、創部式も行った。
▽「私が指導するのは礼儀作法や整理整頓など生活面が中心。スポーツを通じて社会に通用する人材を育成することは学園をあげての目標。東海イズムを伝えていきたい」と津山総監督(中央)
▽左から盪海気鵝∈井さん、藤木さんの3人。「感謝の気持ちを胸に、強いチームを目指す」と意気込んでいる。笹井さんが着ているのはUSCから贈られたアップ用の練習着