News:付属諸学校
2011年1月1日号
かもめ幼稚園に新教室がお目見え
付属かもめ幼稚園(熊本市)の新教室が完成し、昨年12月14日に竣工式が行われた。同園では近年共働きの保護者が増えていることなどから、預かり保育の設備を充実させることなどを目的に増築したもの。既存の教室棟に増設する形で建設された新教室は、鉄骨平屋建てで教室と付属施設を合わせて83・53平方叩「かもめっこの部屋」と名づけられ、預かり保育の教室や図書室として利用される。

竣工式には保護者の会「愛育会」の代表や学園関係者のほか、年長組の園児111人が参加。同園の竹内むつ子園長が工事の概要などを説明した後、園児代表2人が「みんなで仲良く、大切に使います」とあいさつした。式典後に教室内を見学した園児たちは、「とってもきれい。壁紙が可愛いね」などと満面の笑顔で語っていた。

 
(写真)今後、絵本やおもちゃを搬入し、2月から本格的に利用する予定