特集:東海大生200人に聞きました
2012年6月1日号
リポート作成で図書館を利用が多数 
質の高い暇つぶしを楽しむ派も

大学の図書館は、高校までの図書室とは違う壮大な知と情報の宝庫。10キャンパス14館に広がる東海大学付属図書館の総所蔵資料数は、図書約262万冊、雑誌約3万3000点、視聴覚資料約6万4000点に上る(2011年度末現在)。学生たちはどのように利用しているのか? 200人に聞いた。

「付属図書館(自習室を含む)の利用状況は?」との問いで、最も多いのは「1カ月に数日利用する」26%。「ほぼ毎日」1%、「週に2〜3日」13%、「テスト前やリポート作成のときだけ」22%と、全体の6割以上の学生が図書館を利用していることがわかった。続いて「利用している」と答えた学生に「付属図書館では主にどんなことをしますか?」と質問したところ、「課題などのリポートを作成する」など、もっぱら自習室としての利用が多数派という結果に。学生からは「静かなので試験前に集中して学べる」(開発工学部4年・男子)、「何冊もの本を比較しながらリポートを書けるので便利」(文学部3年・女子)といった声が多く上がった。

一方、「研究の息抜きに友達と雑誌を読みに行く」(農学部3年・男子)、「家ではグダグダしてしまうが、図書館に来れば有意義な時間を過ごすことができる」(教養学部2年・女子)など、「大学生らしい質の高い暇つぶしができるところ」(工学部4年・男子)として図書館を身近に利用している学生の声も。図書館は、テスト前やリポート作成だけではもったいない。さあ、図書館に行ってみよう!(構成・編集部)

monitor's Voice 付属図書館の「ここがお気に入り!」


思いがけない資料と出会える喜びがある
学生モニター 川口真彩さん(文学部4年)


湘南校舎には4館の付属図書館があります。私は『源氏物語』を卒論のテーマにしているので、先行研究の論文が所収されている雑誌がそろう中央図書館と、人文・社会学系の専門書が多い11号館分館を週に2〜3回は利用。閉架にある資料もすぐ閲覧できるシステムが役立っています。図書館で本をパラパラ見ていると、次々に興味がわいてきます。『源氏物語』の英訳本など、思いがけない資料に出会うこともしばしばあり、楽しみになっています。

一人でも友達同士でも時間が空けば気軽に利用
情報技術に関する専門書がそろっていて、リポート作成にとても便利。広くて清潔だし、静かなので集中できます。DVDブースも充実しているので、一人でも友達同士でも、時間が空けば気軽に利用しています(情報通信学部4年・男子)

読みたい本をリクエスト!
読みたい本の購入希望ができるので、よくリクエストしています。阿蘇校舎の図書館にはない本でも、他校舎の図書館にあれば取り寄せてくれるサービスも便利で、何度もお世話になりました。新聞や雑誌を読んだりテスト前に試験勉強をしたり、学生生活に欠かせない場所です(農学部4年・男子)

学生たちの声から
Q. 気に入っているサービスや機能は?
▽外国の雑誌や新聞が読める(海洋学部4年・男子)
▽座り心地のいいイスがある(工学部2年・男子)
▽資格取得のための資料が充実している(総合経営学部3年・女子)
▽輸入楽譜を借りることができて便利(教養学部4年・女子)
▽夜10時まで開いているので助かる(情報理工学部3年・男子)
▽許される範囲で資料をコピーできる(健康科学部3年・女子)
▽司書が本探しの相談に乗ってくれる(教養学部3年・女子)

Q. 利用して役立ったことは?
▽自分の学科では学ばないようなことを蔵書から学べるので、リポートを多様な視点から書くことができる(開発工学部4年・男子)
▽今まで触れることもなかった本が読めて、視野が広がった(観光学部3年・女子)
▽面白い本が見つかるとうれしい(芸術工学部3年・女子)
▽書架の間をブラブラしているだけでいろいろな本と出会える(文学部4年・女子)
▽高価な書籍や雑誌のバックナンバーが読める(理学部3年・男子)



検索機能も充実 気軽に知の散策を
中央図書館図書課 三井 悟 課長


付属図書館は多様な資料を提供し、利用者の皆さんがそれらを自分の力として知識や知恵にまで高める手伝いをする場です。そのために提供するサービスの利便性を、年々向上させています。たとえば、学内のパソコンからアクセスして使うオンラインデータベース検索や電子ジャーナル検索は、皆さんが普段使っているインターネットでは見られない情報が得られます。日本の全国紙の地方版や世界各国の新聞の閲覧をはじめ、留学や就職活動に役立つ記事や情報を絞り込んで探すことが可能です。付属図書館が提供するデータベースの奥深い検索機能を、ネットでの情報取得に慣れている学生の皆さんにこそ使いこなしてほしいですね。

また、キーワード検索の機能を使えば、膨大な書籍の中から研究テーマに沿う文献を瞬時に探し出すことができます。目的の資料は、各校舎の付属図書館をはじめ、学外の図書館から実物やコピーを取り寄せることが可能です。ぜひ積極的に館員に声をかけ、活用してください。図書館には、意外な資料に出会うなど、知識を広げ深める面白さもあります。気軽に知の散策を楽しんでください。