特集:キャンパス展望
2012年9月1日号
データに基づいて説明できる専門家を育てる
農学部バイオサイエンス学科 安田 伸 准教授

2008年4月に東海大学阿蘇校舎にある農学部バイオサイエンス学科に赴任し、早くも5年目を迎えました。農学部では1研究室を1名の教員が運営しており、私は食品機能科学研究室を担当しています。着任当時は学内の倉庫や他研究室からロッカー、実験台や椅子を調達したり、実験機材などを融通または借用させていただいたりしていたのを覚えています。そんな中で卒業研究を開始した第1期生たちは、今では各方面で活躍しており、今夏には同窓会を計画している様子。続く卒業生も研究室に足を運んでくれたり、建学祭「数鹿流祭」に顔を出して近況を伝えてくれたり。このような経験もまた教員冥利に尽きるという心境です。

ここで、私どもの研究室を紹介したいと思います。人間を健康にすることを目指す学問は、医学や薬学などが代表的ですが、バイオサイエンスもまた同じ領域にあり、研究室では、人間の病気の予防や軽減に役立つ「食品素材の機能性」と「生理活性物質の機能性と代謝調節」に関する研究を推し進めています。具体的には、「東海大学発高機能性食品開発と大学ブランド化のための基盤研究」や、「食品残渣(ざんさ)の利用研究:おからの抗酸化作用および抗炎症作用」、さらには「アントシアニン含有イモを活用した機能性成分の有効利用に関する研究」など、食品や食品残渣の健康面での利活用に着目した研究に取り組んでいます。

言い換えれば、農学部にありながら健康問題にアプローチし、医学や薬学に近い領域で社会貢献できる学生の育成と研究に務めています。日ごろの食生活で病気を予防・改善する食品や食材の開発は急務の課題です。また、健康に効果のある機能を持った食物は、生産する農家にとっても強い味方です。食品の機能を化学し、データに基づいて説明できるこの分野の専門家は、今後もっと需要が高まっていくと考えられます。

卒業研究においては、学部生でも研究のプロフェッショナルであってほしいと願い、次のような取り組みを積極的に実施しています。研究室に配属が決まった3年生は徹底的にラボトレーニングを積み、正確なデータ収集ができるよう研究に従事する者として基本的な技術を身につけます。そして4年生ではおのおのが研究テーマを持って実験を行い、関連する海外の研究文献のレジュメを作成してプレゼンテーションや質疑応答に備え、グループディスカッションに挑戦します。最終的な卒業研究発表は公聴会形式で行われ、各自が卒業論文を作成します。中には専門学会や産官学連携の技術交流会で発表することもあります。

研究開発職や専門職を強く希望する学生たちは、大学院進学によってよりシビアに情報収集力や分析能力、実行力、そしてコミュニケーション能力を鍛える必要があると考えています。学生たちには、「メリハリを持ってさまざまなことにチャレンジしよう!! でも、笑顔を忘れずに!!」といつも声をかけています。

 

やすだ・しん 1976年沖縄県生まれ。2004年九州大学大学院生物資源環境科学府食糧化学分野修了。博士(農学)。米国の大学で4年間の博士研究員の実務を経て、08年から東海大学農学部バイオサイエンス学科に赴任。専門は食品生化学、薬物代謝化学。