特集:キャンパス展望
2012年10月1日号
商品開発の現場で達成感を得る
政治経済学部経営学科 三宅秀道 講師


私は「三宅自主ゼミ」と称して、授業やゼミとは別に学生を連れて、神奈川県東部あたりの企業のオフィスや工場、店舗をインタビューに行くようにしています。そもそもは東海大学に着任した年、学生が「大したことのない大学に入っちゃったし」と言うのを聞いたのがきっかけでした。否定しようとしても、口だけでは説得力がありません。そういう根深い劣等感を拭うには、現場に出て、自分の実際の見識を見極めさせたいと思ったわけです。それで調査取材に学生を同行させたのですが、もしそこで失礼があれば自分の研究にも差し障るので、礼儀は口うるさく指導しました。学生も自分たちで気をつけ、注意し合うようになり、今ではあまり気にしなくてすむようになりました。

そのうちに縁あって、企業の新商品開発を学生に任せていただける機会に恵まれました。詳細は本紙前号で紹介されましたが、川崎市にある老舗の煎餅メーカーのイベント販売向けの新商品を、3年生を中心とする約10人の学生グループで半年以上かけて開発しました。本当に力のある新商品を開発するために、全くのゼロからコンセプトを考え、生産技術上の専門知識を企業の方からうかがった以外は何もかも、リサーチから最後の販売まで学生たちだけでやり遂げました。

結果としては、立派にこれから店頭に定着しそうな新商品ができました。商品開発コンサルタントの経験がある私でも、これだけのクオリティーの商品が開発できたなら、お金をもらっていいと思えます。新商品は「神奈川新聞」で紹介され、ツイッターでも、口コミでうわさが広がり、店舗にも問い合わせが多いそうです。これはもちろん、多くの方々とのご縁でさまざまな支援をいただいてのことですが、ありがたいことにお世話になった川崎市の産業振興財団からは、「これからもまた機会をつくって、いろいろな企業と交流してほしい」とお声をいただいています。

私自身がこの体験からあらためて学んだことは、自分でした予想に自分が縛られる「予言の自己成就」の怖さでした。こういうことをしてみた後では、「優秀な学生を集めたんでしょう」などと言われることがありますが、決してそんなことはありません。最初は不器用でポカが多く、社交ベタで考えも浅い学生が、この体験を通して、今はそれなりに優秀になったと感じています。私は授業でもいろいろ取り組みを紹介しては「学生でも誠実に問題に取り組めば、こういうこともできるんだよ」と、学生たちを挑発しています。

学生と大学が、どうせダメ大学、どうせダメ学生、と相手のせいにし合って可能性を試さないでいると、本当にお互い大したことのない大学と学生になる。逆に、やればできるんじゃないか、苦労をすればしただけ伸びるんじゃないか、となれば、今度はいい意味で本当に大した学生になる。そう言えるだけのことができたと思っています。
 

(写真)イベント会場で新商品を販売


みやけ・ひでみち 1973年兵庫県生まれ。早稲田大学大学院商学研究科博士課程退学。商学修士。東京都品川区産業振興課工業係、東京大学ものづくり経営研究センターなどを経て現職。専門はベンチャー企業論、製品開発論など。