News:学園
2012年10月1日号
海外でも活発な同窓会活動
マレーシア支部が設立

東海大学同窓会マレーシア支部の設立総会が9月9日、クアラルンプールで開催された。昨年のシンガポール、インドネシアの設立に続き11番目の海外支部となる。総会には中村滋駐マレーシア特命全権大使が立会人として臨席。睫酘麩些慊垢鬚呂犬畭真瑤梁膤愆愀玄圓盻仞覆掘¬40人の同窓生とその家族らとともに設立を祝った。

後藤俊郎同窓会副会長から、マレーシア支部長に就任したモハマド・ダニエル・イブラヒム博士(大学院総合理工学研究科11年度修了)に支部旗と活動助成金が授与され、今後の活動に向けてエールが送られた。会場にはタイ支部のジョンコン・ガームウィウィット支部長らも駆けつけ、祝辞を述べるとともに記念品が贈呈された。さらにはインドネシア支部のマルザン・A・イスカンダール支部長、シンガポール支部の山本訓史支部長からの祝福メッセージも読み上げられた。
 
(写真)中村大使(左から2人目)の立ち会いのもと、睫邀慊(同3人目)、後藤副会長(左端)からイブラヒム支部長に支部旗が授与された