News:学園
2012年11月1日号
学園史資料をネットで検索
連合後援会の協力を得て先駆的なシステムが完成

学校法人東海大学学園史資料センターが、所蔵資料の目録をインターネット上で検索できるシステムを構築、10月31日付で公開した。同センターが収集・整理してきた学園史資料のデータベースを、広く一般に向けて公開するもの。その総合性や規模から、国内の大学・学校法人において先駆的な試みといえる。このシステムについては建学70周年となる今年、連合後援会から「当後援会も今年、同様に創立50周年の節目を迎えることもあり、この事業に積極的に協力したい」(田畑日出男会長)との申し出があり、構築にあたって予算面で全面的な協力を得て完成にこぎつけた。

検索方法は大きく2つに分かれており、「資料・刊行物・写真検索」では学園の大学や短大、付属校といった教育機関をはじめ、研究所やクラブ・サークルなどグループごとの検索が可能。写真や映像、図書といった形態を絞り込んで探すこともできる。一方の「目次・見出し記事検索」では、東海大学新聞や校友会誌『TOkAI』など学園の刊行物のほか、一般紙に掲載された学園関連記事の見出しも検索できる。

どちらの検索方法でも一部の資料は画面上で画像の確認が可能。検索した資料の閲覧・複写を希望する場合はインターネット上で申請することができる。公開当初の目録登録件数は約11万6000件。今後もシステムを充実させていく方針。
▼ホームページアドレスhttp://archives.list_search.u-tokai.ac.jp/webarchives/