News:スポーツ
2012年12月1日号
男子柔道部 全日本学生体重別優勝大会V
団体戦で2年連続の2冠

10月27、28日に全日本学生体重別団体優勝大会(体重別団体)が兵庫県・尼崎市記念公園ベイコム総合体育館で開催され、男子柔道部が2年連続7回目の優勝を果たした。今年6月に行われた体重無差別団体戦の全日本学生優勝大会で史上初の5連覇を達成しており、学生柔道団体戦で2年連続の2冠を成し遂げた。

「主力3選手を欠き、きわどい試合の連続で負けも覚悟しました。しかし、私の想像以上に選手たちは成長していた」と上水研一朗監督(体育学部講師)は振り返る。体重別団体は男女とも階級の配列が抽選で決定される7人制の団体トーナメント。男子柔道部は2回戦から登場し、圧倒的な力の差を見せつけて勝ち上がった。明治大学との準決勝では、次鋒戦を終えて1―1と並ばれるも、橋本壮市選手(体育学部3年)が袖釣り込み腰を決め、合わせ技一本で勝利。続く王子谷剛志選手(同2年)は、「監督の指導のもと “1分間攻め続け、40秒しのぎ続ける”新メニューに取り組んで体力をつけてきた」という成果を発揮。終始試合のペースを握って優勢勝ちし、3―2で決勝戦に駒を進めた。

全試合総力戦で陰のサポートも

筑波大学との決勝戦では、これまで全試合一本勝ちと絶好調の先鋒・眛D昭選手(同1年)がキレのある技を次々仕かけ、有効を奪って優勢勝ちした。中堅戦まで3試合を引き分けた後、本間大地選手(同3年)が序盤から攻め立て、指導2による優勢勝ち。副将戦で穴井航史主将(同4年)が引き分け、2―0で優勝を決めた。本間選手は、「対戦が予測される選手のVTRを、ケガで欠場した羽賀龍之介(同3年)と徹底的に研究してきました」と、優勝の陰にメンバーのサポートがあったことを明かした。穴井主将は、「全試合が総力戦でした。後輩の成長を実感できた大会でもあるので、安心して次の世代に任せることができます」と充実した表情で語った。

なお、女子柔道部は2回戦から登場し、徳山大学を7―0、筑波大学を5―2で下したが、山梨学院大学に0―3で敗れ3位となった。

講道館杯全日本体重別、学園勢3人が優勝

11月10、11日に千葉ポートアリーナで講道館杯全日本体重別選手権大会が開催された。東海大勢では、男子66キロ級の福岡政章選手(大学院体育学研究科修了・ALSOK)、81キロ級の長島啓太選手(体育学部卒・日本中央競馬会)、100キロ級の熊代佑輔選手(大学院体育学研究科2年・ALSOK)が優勝した。

主な成績は以下のとおり(敬称略)。【男子】▽60キロ級石川裕紀(大学院体育学研究科2年・了徳寺学園職員)眛▽66キロ級吉田惟人(体育学部卒・神奈川県警察)K楷崑臙(体育学部3年)▽73キロ級B臑匡彦(体育学部卒・旭化成)▽81キロ級小原拳哉(付属相模高校3年)▽90キロ級ベイカー茉秋(付属浦安高校3年)▽100キロ級谷井大輝(体育学部2年)【女子】▽57キロ級J唇羇(体育学部卒・自衛隊体育学校)▽78キロ超級∋垓脅々華(同・大阪府警察)

 
(写真)“攻める柔道”を貫いた王子谷選手の背負い投げが決まる