特集:キャンパス展望
2013年2月1日号
将来の夢はありますか?
外国語教育センター第一類 土屋慶子 講師

「環境に配慮した、今までにない車を作る」「臨床技師として、多くの患者さんの命を救いたい」「災害時に活躍するロボットを開発する」「大学院に進み、日本史研究の鍵となる新たな遺跡の発掘を進めたい」「NGOなど国際機関の一員として、世界中の貧困に苦しむ人々を助けたい」。私は外国語教育センターで、主に1、2年生の必修英語科目(Reading&Writing/Listening & Speaking) を担当しています。週に2回、学部・学科が異なる学生たちが集い、共に英語を学んでいます。私は学期の最後に必ず学生たちに、「将来の夢」をテーマとした英作文や英語スピーチをしてもらっています。上記は、そのほんの一例です。

英語や多言語によるコミュニケーション能力も含め、学生たちに大学で身につけてもらいたいことは多くありますが、最も重要なことの一つは、異なる価値観を持つ人々と協力して仕事をすることができる能力、つまり多様性を受容する能力であると考えています。多様性を受け入れるためには、自分に自信を持つことが必要です。そして、自分に自信を持つための唯一の方法は、自らの専門性を高めることではないかと思うのです。それは、専攻する学科の内容でも、スポーツでも、趣味の音楽や絵画でもかまいません。自分が将来続けていきたいと思える何かに出合い、それを突き詰めてみること、その過程において他人との協働がいかに大切かを知ること、大学時代にそのような体験をしてもらいたいと思います。

異なる価値観を持つ人々とのコミュニケーションには、留学プログラムなどを通じた、言葉や文化が異なる人々との交流ももちろん含まれますが、さまざまな学部・学科に所属する学友たちが集う、外国語教育センターの授業もその貴重な機会の一つと捉えることができます。たとえば、私が選択科目で教えている「映画で学ぶ英語」では、教養学部、工学部、政治経済学部、体育学部などの学生たちが協力して、英語で台本を作り、役者として演じ、短編映画を製作します。「社会言語学」の授業では、未来のパイロットや、化学、文学を専攻する学生たちが社会と言語の関係について学び、グループで、広告のジェンダー表現分析や日本と海外の新聞記事の比較をし、英語でプレゼンテーションします。

また授業以外にも、国際教育センターと外国語教育センター共催の「国際フェア」では、留学生とその国の言語・文化に興味を持つ日本人学生が集い、各国紹介ブースを準備・運営します。その際、学生たちは、日本語とその国の言語の両方を使いながらコミュニケーションをとり、互いの文化を学んでいきます。

「将来の夢について書いてごらん」というと、「夢なんてない」「まだわからない」という学生がいます。それなら、これから見つければよいのです。興味のあること、好きなことは何か、少し立ち止まり考えてみてください。興味が見つかったら、それに向かって少しずつ進んでみましょう。いずれそれが自らの専門性へ、そして自信へとつながっていくことでしょう。

 
(写真)「映画で学ぶ英語」の履修学生と

つちや・けいこ 1977年神奈川県生まれ。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。イギリス・ノッティンガム大学大学院英語学研究科博士課程修了。博士(応用言語学)。専門はコーパス言語学、談話・会話分析、医療コミュニケーション、CLIL(内容言語統合学習)など。