Column:Interview
2013年2月1日号
Special Interview★ プロ野球への挑戦
プロ野球の各球団が一斉にキャンプインする2月1日。東海大学学園からも5選手がプロへの一歩を踏み出した。硬式野球部で1年時からスタメンに名を連ねてきた伏見寅威選手(体育学部4年/オリックス・バファローズ)と、坂口真規選手(同/読売ジャイアンツ)に迫った。


仲間に慕われる“扇の要”
オリックス・バファローズ 伏見 寅威 選手

伏見選手が捕手を始めたのは、中学3年時と少し遅い。甲子園常連校からの野手としての誘いを断って付属第四高校に進学。そこで出会ったのが、捕手出身の大脇英徳監督(第四高教諭)だった。「細かい技術より、心構えや考え方を教わることが多かったですね。その中で先生が見せてくれる投げ方やキャッチングが元プロの古田敦也さんにそっくりで、かっこよかった。自分もこうなりたいと思いました」。大脇監督は、「私自身、古田選手は理想でしたから、プレーは体に染みついている」と語る。「投げるにしても捕るにしても柔らかく相手を受け止める。寅威にもそんな選手になってほしかった」

先輩からも慕われ、1年時からマスクをかぶった。3年時には主将として春の北海道大会を制覇。東海大学入学後も、春季リーグ開幕戦でいきなりスタメン出場した。

挫折を成長の糧に
異例ともいえる1年生捕手の起用に横井人輝監督(東海大職員)は、「試合に使えば使っただけ答えを出してくれるという期待があった。捕球後のスピードや打撃、体格に加え、人間性もよい。久々にいい捕手に出会えたと感じた」と振り返る。このときバッテリーを組んだのが、1学年上の菅野智之選手(体育学部4年)だった。「配球にはある程度の自信がありました。でも菅野さんから『その配球は投手には難しい』と言われて、今まで投手の気持ちを考えていたのかさえわからなくなってしまった。その後も試合ではことごとく首を振られて……切羽詰まって存在しないサインを出してしまったこともあるんです」と苦笑する。

しかし厳しくするのは期待するからこそ。菅野選手は、「寅威は投手のよさを引き出して、盛り上げてくれる。バッテリーを組む最後のシーズンは、配球も任せました。ミスしたり、打てなかった後に一人で練習している姿は見習わなくてはと思う」と語る。4年間、扇の要に座り、オリックスの新人では唯一1軍キャンプに選ばれた。「1年間1軍に帯同することが目標。古田選手のように、打者が“捕手と勝負している”と感じる選手になりたい」

ふしみ・とらい 北海道出身。182センチ、86キロ、右投げ右打ち。首都リーグ通算79試合で打率3割1分4厘、52打点。大学日本代表も経験。オリックスでの背番号は23。

 
“右の大砲”狙うは56本塁打
読売ジャイアンツ 坂口 真規 選手

小学校3年生のとき、生まれて初めて打った本塁打が2打席連続だった。坂口選手は、「今でもよく覚えています。小学生なのでランニング本塁打ですけどね」と笑う。智辯学園和歌山高校3年時には、夏の甲子園で1イニングに2発スタンドにたたきこむなど、狎犬泙貉った長打力〞が魅力だ。「小さいころから遠くに飛ばすこと、ほかの人ができないことをするのが楽しかった。でも、大学4年間は長かったです。結果が出ていたらもっと早かったのかもしれないけれど……」

1年生ながら7番三塁で開幕スタメンに名を連ね、春季リーグ全11試合で打率2割5分、5打点。2年生の春に大学初本塁打を放ち、秋のリーグ戦では初めて打率3割をこえた。しかし3年時の春、自身の失策から日本体育大学に敗れると、そのままスタメンを外れた。リーグ優勝を逃した当時のことを、坂口選手はあまり多く語らない。

横井監督は、「1年生から試合に出て、期待もされて、でもそれが結果につながらない。だからこそ、4年生になってからの、最後にかける思いは強く感じた。最終的には4番にと思って使ってきましたから、4年間でそれに見合う選手になってくれた」と認める。背番号は56に決まった。「プロのシーズン最多本塁打は55本。その上をいくようにと期待されていると思います。ジャイアンツのドラフト5位はいちばん下なので、上位の選手にも負けないように食らいつきたい」

さかぐち・まさき 和歌山県出身。187センチ、95キロ、右投げ右打ち。首都リーグ通算73試合で打率2割6分7厘、30打点。

 
サインボールプレゼント!



伏見選手と坂口選手のサインボールを各1名様にプレゼントします。メールに、郵便番号、住所、氏名、学校名、学部学年(職業)、電話番号、希望する選手名と、選手への応援メッセージを明記のうえ、present@tokaiedu.co.jpまでお送りください。2月28日必着。当選の発表は発送をもって代えさせていただきます。