特集:キャンパス展望
2013年3月1日号
勉強が断然楽しくなる秘訣とは
情報教育センター 白澤秀剛 講師


毎年春に、湘南学生支援課CLICが主催するクイック講座「授業が断然面白くなる7つの秘訣」で講師を務めている。評判も上々のようで、3年ほど続いている。以前受講した学生から、「先生に教わったとおりに授業を受けてみたら、本当に楽しくなった」といううれしい声も耳にするようになった。私のアドバイスを生かしてくれていたのかと思うと、こちらが「ありがとう」という気持ちになる。

実は、この講座で話している内容は目新しいことではない。しかし、うれしい報告をくれる学生のせりふは決まって、「授業の受け方なんて初めて習った」である。本当に習っていないのかどうかは別にして、初めて習ったように感じていることは事実のようだ。7つの秘訣の中で最も反響が大きいのが、「ルーズリーフをやめてノートにしよう」というものである。

社会人の間では今、ちょっとしたノートブームが起きている。スマートフォンやタブレットが次々進化していき、LTEなどの超高速無線ネットワークも整備され、クラウドを利用した新たなデータ記録方法は、もはや革新と呼ばないほどに普及してしまった。そんな中でのノートブーム。しかも、スマホを縦横に活用している人たちに愛用されているという。その理由は、記録媒体としてのノートの力は、最新のスマートフォンをもってしてもかなわないからである。文字を記録するだけでなく、絵を描いたり、色を塗ったり、汗が滴って紙がゆがんだり、気分によって文字がきれいだったり汚かったりする。

ノートはルーズリーフと違って切り離したり、ページを入れ替えたりすることができないから緊張感も違う。そして、ここが最も重要な部分だが、記録を一つにまとめて検索できるシステムが自動的に完成する。キーワード検索、連想検索といったテクニックなど一切不要で、ページをめくりさえすればいい。こんな、書いた思い出までをも記録でき、簡単かつ短時間に検索できる最高のメディアが100円以下で買えるのである。これを使わない手はないと思う。

情報教育センターの授業では、「どれだけ大量にデータを持っていても、必要なときに探せなければ無意味です。必要なときに検索できて、意思決定に利用できるデータを情報と呼びます」と講義している。分類し、ファイリングしないルーズリーフは、ただの無意味なデータである。ぜひ、ノートを使ってみてほしい。「先生! 授業内容を全部覚えてなくても、ノートをめくれば問題が解けるんですね。でも、何度も見直しているうちに覚えちゃいましたけど(笑)」と言ってきた学生のような、楽しそうな顔がもっともっとキャンパスのあちこちで見られたらいいなと思う。

 

しらさわ・ひでたか 1971年東京都生まれ。東海大学大学院工学研究科博士課程修了。博士(工学)。工学部航空宇宙学科で非常勤講師を経たのち、2006年より現職。専門は宇宙工学・情報教育学。