特集:東海大生200人に聞きました
2013年3月1日号
将来の夢は何ですか?
東海大生200人に「将来の夢はありますか?」と聞くと、「海外で日本語を教える教師」(国際文化学部1年・女子)、「弁護士」(法学部2年・男子)などさまざまな答えが返ってきた。卒業や進学を控える3月。さあ、夢への一歩を踏み出そう!





学生たちの声から
▽給料を貯めて、実家をリフォームする(生物理工学部3年・女子)
▽救命救急医(医学部5年・女子)
▽縁側で飼い猫と日なたぼっこしながら、ゆっくり編み物をするような老後(情報通信学部4年・女子)
▽日本の農業界の発展・普及に貢献する(農学部4年・男子)
▽一生懸命働いて、出世してたくさん稼ぎ、欲しい車を買う(情報理工学部4年・男子)
▽弁護士(法学部2年・男子)
▽教員になり、子どもたちにスポーツの素晴らしさ、保健の大切さを教えたい(体育学部1年・男子)
▽炭素の研究をして、テニスラケットの製造にかかわりたい(工学部1年・男子)
▽X線天文衛星を作る(工学部1年・女子)
▽海洋(水棲)環境保全、世界中でダイビング(海洋学部1年・男子)
▽できればニート(理学部4年・男子)
▽かっこいいおばあちゃんになる!(文学部4年・女子)