News:スポーツ
2013年7月1日号
男子柔道部19度目の大学日本一
前人未到の大記録へ快進撃続く
全日本学生柔道で最多連覇記録更新V6


団体で大学柔道日本一を争う、全日本学生柔道優勝大会(男子62回、女子22回)が6月22、23の両日、日本武道館で開催された。体重無差別の7人制トーナメントで行われる同大会男子で、昨年度史上初の5連覇を成し遂げた男子柔道部は2回戦から登場。初戦で関西大学に7-0と快勝すると、慶應義塾大学、桐蔭横浜大学にも7-0の完封勝ち。準決勝の天理大学戦こそ3-2の接戦になったが、決勝の日本大学戦は6-1と圧倒的な強さを見せつけ、史上初の6連覇を達成。最多優勝回数も19に更新した。なお、女子5人制には女子柔道部も出場。準決勝で山梨学院大学に敗れ3位となった。

6月22、23日に開催された全日本学生優勝大会で、男子柔道部が19度目の優勝。大会連覇記録を6に更新した。7人制のトーナメントで、初戦の関西大学戦から準々決勝の桐蔭横浜大学戦まで21連勝。準決勝の天理大学戦では、先鋒・小原拳哉選手(体育学部1年)と次鋒・ベイカー茉秋選手(同)のルーキーコンビが連勝したが、2試合の引き分けを挟んで三将のエース・羽賀龍之介主将(同4年)が一本負けを喫した。

チームに嫌な雰囲気が漂う中、続く副将の王子谷剛志選手(同3年)は冷静な試合運びを見せ、終始リードを奪って優勢勝ちを収めた。「ベイカーや王子谷ら後輩が助けてくれた。チーム力の高さで勝てた」と羽賀主将は振り返る。決勝の日本大学戦では、その羽賀主将も切れ味鋭い内股で一本勝ちを収めるなど、6―1で快勝。大記録達成となった。「苦しい場面でも平常心で臨めることが本当に強いチームの条件。選手たちは精神面で大きく成長した」と上水研一朗監督(体育学部准教授)。

今年度のスローガンは「前人未到」。選手たちは「秋の体重別団体も勝ち、3年連続団体2冠が目標」とすでに前を見据えている。まだどのチームもたどり着かない未踏の地へ、快進撃は続く。

 
(写真上)日本武道館での記念ショット
(写真下)決勝戦では豪快な内股で一本勝ちした羽賀主将。4年連続で優秀選手に選ばれた