News:スポーツ
2013年12月1日号
箱根駅伝への道
5区山登りが勝負の分け目
宮上選手が犹海凌〞に名乗り


来年1月2、3日に開催される東京箱根間往復大学駅伝競走。順天堂大学・今井正人選手(トヨタ自動車九州)や、東洋大学・柏原竜二選手(富士通)が5区で演じた大逆転劇は記憶に新しい。山を制する者が箱根を制す――東海大の“山の神”を追った。

陸上競技部駅伝チームにもかつて、山のスペシャリストがいた。1999年1月、ルーキーながら当時の区間新記録をたたき出し、東海大史上初の5区区間賞に輝いた柴田真一選手(体育学部卒)だ。現在運送業に従事する柴田選手は、当時を懐かしみながらこう振り返る。「タスキを受けた時点で3位。まさかそんなに早く来るとは思っていなかった。後ろも迫っていたので、抜かれ役になるのか……と思いながらスタートしました(笑)」。しかし抜かれるどころか後続は現れず、一人旅のまま3位でゴールした。

翌年も5区を走り、チームを6位から2位まで押し上げて2年連続の区間新記録。本紙2000年1月20日号に『大粒のひょうが降る中』とあるとおり、天候との戦いも5区が難所といわれるゆえんだ。柴田選手は、「この年は1万メートルで自己ベストを更新するなど調子がよかった。登りは適性も必要ですが、どんな状況でも恐れず、自分の走りをすることが大切」と語る。
 
03年に中井祥太選手(同)が柴田選手の記録を更新して以来、東海大に“山の神”は現れていない。さらに06年には中継所が小田原方面に2・5キロ移動し、現在は高低差約864メートル、距離は5区間最長の23・4キロにも及ぶなど難易度はより上がっている。

今年度、そんな5区の候補に挙げられている選手がいる。宮上翔太選手(体育学部2年)は湘南校舎に近いヤビツ峠や弘法山での練習でも「表情が変わらず、淡々と走る。タイムは群を抜いて速い」と小池翔太主務(同4年)が証言する。今夏の合宿でも約16キロの山道を全力で登るなど、別メニューを積んできた。柴田選手も宮上選手も全国高校駅伝を2度走った実力の持ち主だが、もともと山に特化した練習をしてきてはいない。共通するのは、「大学に入って練習で登りを走ってみたら、たまたまいいタイムが出た」という言葉。苦手意識を持たずに臨むことが、何よりの秘訣なのかもしれない。

宮上選手は予選会こそけがで欠場したものの、11月17日の上尾ハーフではチームトップの62分台をマークするなど調子は上向き。「本戦では任された区間をしっかりと、楽しんで走りたい」

 
(写真上)3年連続で5区を走った柴田選手。「登った後の下りは足がつりそうになるほどつらい」とも
(写真下)5月の関東インカレではハーフマラソンに出場した宮上選手。得意の登りで力走を見せた