Column:本棚の一冊
2010年8月1日号
『家畜生化学(改訂版)』


「農楽博士」への一冊
生物理工学部海洋生物科学科 木原稔准教授



農家に生まれて自然の中で育った。もちろん名前の由来はみのりの秋だ。家には農耕用の牛がいて祖父が手綱を引いていた。国道を通るものだから、路上は糞だらけ。車が興味津々で徐行する。こんな姿がわが町で有名だった。町はベッドタウンとして発展の途にあり、小中学校には農業とは無縁の子が多かった。

多感なころは、農家であることをとても恥ずかしく思っていた。「農」という言葉に敏感だった。理科や社会が好きだったが、「農」につながる田んぼや牛が出てくる日の授業は憂うつだった。その言葉が出てくると、教室の仲間が一斉に私の方を向くような気がして、うつむいていた。指名されようものなら、教室から逃げ出したいくらいだった。そんな私が「農」学部に入るのだから、まったくいい加減である。

将来の夢もなく、ただ浪人したくない私は、受験できそうな大学・学部を片っ端から探し、東京の「農」学部を探り当てた。合格すれば東京で独り暮らしができる。あの野球部のユニホームに袖を通せる。不純な動機がすっかり「農」に勝っていた。そこへきて「農」に誇りを持っている父親が一言、「いいじゃないか」。これで人生が決まった。

大学にはヤギがいて、うまそうに草を食べていた。ふと、草だけを食べてなぜ大きくなれるのだろうと、その不思議が知りたくなった。昔は身近にいたのに思いもしなかった。「農」の恥ずかしさが消え、物事をまっすぐに見られるようになったからだろう。そこで栄養化学研究室の門をたたき、この本を勉強した。動物の体の中で起こっていることへの興味を開花させてくれた。いい加減を真剣にさせた。中は赤線だらけ。だから手放せない。今もちゃんと本棚の一冊である。

昔は農家を嫌った。でも農家の生まれで農学博士だから、ご先祖様にもなんとかお許しいただき、お喜びいただけているかと思う。ただ、田んぼや畑のことは何も知らない。そして今は魚を研究している。やっぱりいい加減だ。「農」という自然を相手にする仕事はつらい反面、刺激的で楽しい。だからこの先少しでも農にかかわって、“農が苦”ではなく“農楽”博士でありたい。学問を追究するのは苦しいことも多い。でもやっぱり刺激的で楽しい。だからこの先もいろんな勉強を続けたい。決して“脳が苦”博士にならないように。

『家畜生化学(改訂版)』
藤野安彦著(産業図書)

 
きはら・みのる 1964年福岡県生まれ。岡垣町(付属第五高校のある宗像市の隣町)出身。明治大学大学院農学研究科農芸化学専攻修了。博士(農学)。専門は消化管生理学。