News:総合
2014年6月1日号
変わりゆく就職活動
13年度の就職決定率96.2%
全国値を1.8ポイント上回る


3月に卒業した東海大生の就職率が、全国平均の94.4%(4月1日現在)を上回る96.2%となった(キャリア支援センターまとめ)。現在就職活動中の4年生と、採用時期が変更になる3年生の傾向や対策は? 同センターに聞いた。

文部科学省と厚生労働省の調査で、大学を今春卒業した学生の就職率(4月1日時点)が前年同期比0.5ポイント増の94.4%と発表された。過去最低となった2011年の91.0%から3年連続で上昇している。キャリア支援センターのまとめによると、13年度卒業の東海大生の就職率(5月1日現在)は前年度比2.5ポイント増の96.2%。10年度に新設された観光学部の1期生も95.2%と全国値を大きく上回った。

同センターの戸谷毅史所長(教養学部教授)は、「昨年4月ごろから内々定をもらう学生が多く、全体的に時期が早まった印象があります。各学科の先生方がよく指導してくれたことはもちろん、学生が早くから準備をしたことがつながった」と話す。また、一つの企業から東海大生が複数人内定をもらうことも多かったという。3人以上が内定を得た企業は約100社。就職率の全国値が上昇していることからもわかるとおり、景気動向の改善により企業の採用意欲は高まっているようだ。

しかし戸谷所長は、「厳選採用は依然続いています。求人数が年々増えていることからも積極採用は見てとれますが、誰でもいいのではなく、将来を見越して“いい人材がいれば採用する”というのが企業の本音」と語る。現3年生から、企業の採用情報公開が3月に変更になり、さらに短期決戦に変わる。より早めの準備が必要になりそうだ。

早めの準備で本番に備えよう!

「就職率が大幅にアップした今春の卒業生たちは、学内合同説明会などへの参加率も高く、とても意欲的でした。内定獲得には早めの準備と積極性が大切」と戸谷所長は分析する。同センターでは、昨年から説明会の回数と参加企業数を増やすなど支援体制をさらに強化。模擬面接やSPI対策講座なども順次開催している。特に説明会は、東海大生の採用に意欲的な企業が多いことや、さまざまな企業の概要を一度に聞けることから、積極的に活用したい。

時間のある“今”が勝負、自己分析と業界研究を
現4年生は、昨年12月に企業の採用情報が解禁され、面接などの採用試験を経て、すでに内々定が出始めている。求人情報は昨年同様増えており、今年も積極採用は続く見込みだ。一方、現3年生からは政府と(社)経済団体連合会の取り決めにより、情報公開が3カ月遅い3月に、選考・内々定のピークは4年生の8月からに変更になる=表参照。就活の長期化を防ぎ、学生が学業に専念する時間を増やすことが目的だ。
 
同センターの佐川直之次長は、「期間が3カ月短くなり、より短期決戦になります。特に就活が本格化する4年生の夏ごろは卒業研究や卒業論文も忙しい時期。“まだ先”と思わずに、時間のある今から準備を始めてほしい」と注意を促す。戸谷所長は、「まずは自己分析、業界研究から取り組んで」とアドバイスを送る。「今の自分を見つめることで志望する業界が見え、面接でも自身をアピールできるようになる」と続けた。

3年生の活動スタート、各校舎で支援行事も
湘南校舎では、6月5日と6日に3年生と修士1年生を対象とした「就職活動スタートアップガイダンス」を実施予定。15年度の就職戦線の予想や大学の支援体制、今後のスケジュールなどを説明する。また各校舎でもガイダンスなどを順次開催している。詳細は、各校舎のキャリア支援窓口へ問い合わせを。