News:教育
2014年6月1日号
To-Collaboプログラム地域志向教育研究経費
今年度32件を採択

文部科学省「地(知)の拠点整備事業」の採択を受け、昨年度から5年計画で東海大学が取り組んでいる「To-Collaboプログラム」の2014年度「地域志向教育研究経費」の採択課題が決定した。

地域の活性化と地域への貢献を目的とし、その趣旨である “地域を志向した教育の推進”につながる活動であることを理解した取り組みを学内公募し、活動費を助成するもの。全国の共通課題を解決するために展開している「地域デザイン」「ライフステージ・プロデュース」「観光イノベーション」「エコ・コンシャス」の4計画8事業に基づいて52件の応募があり、このうち32件が採択された。採択にあたっては、運営委員会の下に設置されている専門委員会の評価結果をもとに、5月20日に評価委員会を開催して採択案を審議。翌日の運営委員会で承認された。

なお今年度からは研究活動に加え、教育活動と社会貢献活動に関する取り組みも募集象に。また、【タイプ1】2人以上のメンバーで行う取り組み(支給金額は1件あたり上限50万円)、【タイプ2】5人以上のメンバーかつ所属組織と地域を横断している取り組み(支給金額は1件あたり上限300万円)の2タイプが新たに設定されている。いずれも活動期は来年3月31日まで。