Column:本棚の一冊
2014年11月1日号
『キャッチャー・イン・ザ・ライ 』


美しい瞬間
文学部英語文化コミュニケーション学科 楢崎 健 教授




人生のためにとか、先人から学ぼうとかいえる器ではないので、僕はただ美しい小説を紹介したいと思う。

サリンジャーが書いた『キャッチャー・イン・ザ・ライ』という小説がそれだ。さりげなく描かれるほんの一瞬が、なんともいえず美しい。物語の中で、作者はそんな瞬間をいくつもつくり出してしまっている。これはちょっと奇跡的なことなんだ。

僕が初めてこの小説を読んだのは大学に入って間もないころで、最初は主人公のホールデンに寄り添いながら読んでいた。高校2年生のホールデンは、成績不振で3度も退学になっていて、大好きだった弟は白血病で亡くなり、母親はノイローゼ気味という、大ピンチなやつだった。

でも何度か読んでいるうちに、僕の心に残っているのは、ホールデンの悩みや苦しみではなくて、いくつかの美しいシーンだということに気づいた。

小説のタイトルにもなった「ライ麦畑」のシーンもその一つ。広いライ麦畑で、子どもたちが遊んでいる。ライ麦が子どもの腰の高さくらいまで伸びてくると、風が吹くとライ麦畑全体が海のように波うつようになる。1年のうちほんのひとときしか現れない、青々としたライ麦畑の海で歓声を上げながら走り回る子どもたち。見ていてうっとりするような幸福な一瞬だと思った。

小説の終わりに出てくる雨の回転木馬のシーンも美しい。色とりどりの木馬が回転する。懐かしい音楽がかかっている。かわいい小学生の妹フィービーはひと回りするごとに、外で見ているホールデンに手を振る。ホールデンはこのときいろいろな悩みを忘れ、ずぶぬれになりながら最高に幸せな気分になるんだ。

学生の皆さんも、「このときのために今まで生きてきたのかもしれない」と思うような、美しい瞬間を経験したことがあるんじゃないかな。もちろんそんな場面はたちまち過ぎ去ってしまうのだけれど、心の中ではきっと輝き続けていると思う。30年前、僕が一冊の本で出会ったあの美しい瞬間は、今でも鮮やかによみがえり、僕を幸せな気分にしてくれる。で、それが『キャッチャー・イン・ザ・ライ』というわけだ。ウソじゃないよ。


『キャッチャー・イン・ザ・ライ』
J.D.サリンジャー著/村上春樹訳
(白水社)

 
ならさき・たけし
1959年生まれ。東京大学文学部卒業。東京大学大学院博士課程中途退学。修士(英米文学)。専門はアメリカ文学。論文に「荷が重い少年」(大学院紀要)などがある。