News:スポーツ
2015年5月1日号
【第四高野球部】選抜甲子園で初の準優勝
全員野球で見せた快進撃
3月21日から4月1日まで兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開かれた選抜高校野球大会に、付属第四高校と菅生高校が出場した。菅生高は初戦で大阪桐蔭高校に敗れたが、第四高は北海道勢52年ぶりの決勝に進出。敦賀気比高校(福井県)に1―3で惜敗し、準優勝となった。

「過去のチームと比べても、今年は技術も戦力も劣る。だからこそチーム力で勝負しなくてはいけないと思った」と大脇英徳監督(第四高教諭)。大会直前の練習試合ではあえて個の力を重視した。犠打で送らず強攻策に出て凡退という場面も多く、黒星がかさんだ。宮崎隼斗主将(3年)は、「秋はチーム力で勝ったのだとあらためて感じた。一人ひとりが役割を全うする。練習試合でそれを全員が感じた」と語る。その思いが、選抜での快進撃を生んだ。

敗戦を成長の糧に

迎えた選抜で第四高は、全員野球で次々と競り勝ち、浦和学院高校(埼玉県)との準決勝に駒を進めた。“打倒ウラガク”。選手たちには並々ならぬ思いがあった。昨秋は北海道大会を制したが、続く明治神宮大会では2回戦で同高に0 ―10、6回コールド負けを喫した。「体つきや試合前の雰囲気、何より学校名に負けていた」とエースの大澤志意也選手(同)は振り返る。

札幌に戻ってからはキャッチボールなどの基礎から徹底して取り組み、“すべてが野球につながる”というチームのモットーの下、私生活も大切にしてきた。選抜では毎試合後に控え部員たちがスタンドのゴミを拾っていたのもその表れだ。

浦学高に負けてから、「志意也が誰よりも練習していた」と捕手の小川孝平選手(同)は語る。飄々(ひょうひょう)としたマウンドさばきとは裏腹に、「寂しがり屋で、すぐ構ってほしがる(笑)」(小川選手)。そんなエースが走り込みやウエートトレーニングで体重を5 キロ増やし、黙々と練習を積んで浦学高に立ちはだかった。被安打9も要所を締めて1失点、今大会3度目の完投でリベンジした。

“エースの自覚”

布石は中継ぎ登板した高崎健康福祉大学高崎高校(群馬県)戦にあった。「制球の感覚がつかめた」と大澤選手が言えば、大脇監督は「自分が抑えるという、エースの自覚が生まれた」と評する。大澤選手が「いい感覚のまま投げられた」という浦学高戦で、打線は走者が出たら犠打で送る基本に忠実な野球で3点を挙げた。投打がかみ合い決勝進出を引き寄せた。

敦賀気比高に敗れたが、大脇監督は、「昨夏13年ぶりに甲子園に出場した先輩たちの勢いなど、今回は周りの力に勝たせてもらった。選手たちは試合を重ねるごとに成長してきましたから、本当の勝負はここから」と語る。夏の日本一へ大きな一歩を踏み出した。

(写真上から)
▽大澤選手は全5試合に登板し4完投、防御率1.35を記録。打っても打率5割3分3厘と、まさに投打の主役だった
▽小川選手は捕手として、4番として大澤選手を支えた
▽「全力プレー、全員野球が今年のチームのよさ。応援で力になれれば」と応援リーダーの丹羽耕基選手(3年=前列左)

 
Closeup
札幌で、甲子園で、選手支えた大声援


札幌市の第四高では毎試合パブリックビューイングが行われた。勝ち進むにつれ参加者が増え、決勝は体育館も超満員。生徒や地元住民が声援を送った。

一方、甲子園には第四高野球部の控え部員に加え、付属仰星高校の吹奏楽部が友情応援に駆けつけた。部長の赤木宏穂さん(3年)は、「今回のために20曲ぐらい用意してきました。甲子園応援は気持ちよくて楽しい!」と語る。演奏は日に日に大きくなり、スタンドの一体感も増した。決勝戦後には声がかれるほどだった。

毎冬、ウインタースポーツ体験会に協力している真駒内養護学校からは寄せ書きが届き、甲子園には多くの卒業生が詰めかけた。捕手の小川選手は、「1、2回戦は特に相手の応援もすごくて圧倒されましたが、第四高の応援団も負けじと声援を送ってくれて力になった。おかげで本当に楽しい甲子園でした」と感謝を口にした。

(写真)決勝戦でも札幌から甲子園へ大声援を送った