特集:東海大生200人に聞きました
2020/01/01 東海大駅伝チームを応援しよう
2019/12/01 【特別座談会 】内定後の4年生に聞く
2019/11/01 大学のICT環境使ってる?
2020年1月1日号
東海大駅伝チームを応援しよう
箱根路に挑む選手へ全国からエール 

陸上競技部駅伝チームが初の総合優勝を飾った箱根駅伝から1年、連覇への期待がかかるレースがいよいよ近づいてきた。東海大生100人に「前回大会は観戦しましたか?」と聞くと、72人が「はい」と回答。「今年の箱根駅伝に関心はありますか?」との問いには8割以上が「関心がある」と答えている。小紙では大一番に挑む選手たちにエールを送ろうと応援フラッグを制作。全国のキャンパスを回り、学生や教職員にメッセージを寄せてもらった。アンケートとフラッグに寄せられたメッセージを紹介する。(構成・編集部)

【11/20、21、12/9、10・湘南】
▶小さなころから家族で見ていた箱根駅伝。自分の在学中に待ちに待った優勝を見ることができるなんて思ってもいませんでした。前回王者として、今までとは違ったプレッシャーも あると思いますが、楽しんで精いっぱい走ってください(教養学部4年・女子)
▶期待や重圧を感じながら、この1年間、練習を積まれてきたと思います。当日は沿道から応援します。悔いの残らないように、全力を尽くしてください。東海ブルーが大手町のゴールテープを切ることを楽しみにしています!(文学部4年・女子)
▶誇りです!自慢しています!私は走るのがきらいで、自ら走っている選手たちを尊敬します。けがには気をつけてください(工学部2年・女子)
▶周囲からの期待といった重荷を気にせず、楽しんで頑張って(法学部1年・男子)
▶「駅伝=青学」ではなく、「駅伝=東海」になる走りを!(文化社会学部2年・男子)
▶加油!!頑張って〜(学生)
▶国道1号はもはやホームだ!!(学生)

【11/22、23・熊本】

▶堂々とレースに挑んでください!(農学部3年・女子)
▶連覇目指して頑張ってください。応援しています(経営学部2年・男子)
▶全く知らない選手たちですが、ニュースなどの報道を見て同じ大学の学生というだけで親 近感を持ち、すごいなと思いました。今年も頑張ってください(農学部2年・女子)
▶大学の名前が大きく出るので優勝目指して頑張ってください!(基盤工学部2年・男子)
▶新年に大きな「夢」を!(農学部・教授)
▶連覇可「農」だ!!九州から応援しています(農学部・教授)

【11/28・札幌】
▶自分が通っている大学のチームが優勝したら、自分のことのようにうれしいので頑張ってほしい。お正月はテレビの前で応援したい(国際文化学部1年・男子)
▶箱根駅伝にはあまり関心がなかったが、東海大学の一員になったので、選手の皆さんにぜひ頑張ってほしい。東海大の名に恥じない全力の走りに期待(国際文化学部1年・男子)
▶今年も優勝に向けて全力を尽くして(生物学部3年・女子)
▶自分を信じて頑張ってください(国際文化学部・教授)
▶優勝!期待しています(生物学部・教授)
▶北国から応援しています!2連覇目指してファイトです!!(学生)

【12/4・伊勢原】

▶東海大の名を背負って日々練習に励んでいることと思います。前回大会はあまり見ることができませんでしたが、今年は目を離すことなく見ようと思います。心から応援していますので、ぜひ頑張ってください(医学部5年・女子)
▶母校の活躍を誇りに思います。連覇を目指して頑張ってください。選手たちの今までの努力が発揮されることを心より祈っています(医学部5年・女子)
▶ついさっき、東海大の駅伝が強いのだと知りました。これを機に今年は応援します。私たちの想像をこえるつらい練習をこなしてきたのだと思います。頑張ってください!(医  学部1年・男子)
▶前回大会は本当に感動しました。ぜひまた私たちに力を与えてください(健康科学部4年・女子)

【12/7・清水】
▶今年も勝って青山学院大学の悔しがる姿を見せてください(海洋学部2年・女子)
▶ 前回優勝を果たした皆さんならきっとできるはずです。テレビの画面越しながら今回も応援しています(海洋学部2年・女子)
▶皆さんの懸命な走りは見ている人に勇気を与えます。2年連続の総合優勝へ向けて走り抜いてほしいです。応援しています(海洋学部2年・女子)
▶ キャンパスは違いますが、まさか自分の通う大学が優勝するとは思っておらず、テレビの前でとても喜ばしくて興奮したのを覚えています。今年も日本一を取って帰ってきてください。心から応援するとともに、熱い走りを楽しみにしています(海洋学部2年・女子)
▶ 選手の皆さんは東海大の誇りです。仲間を信じ、自分を信じ、ただ1つのものへ、ひた走ってください。清水からエールを送り続けます!(海洋学部1年・男子)

【12/9・代々木】

▶連覇のプレッシャーがあるかもしれませんが、東海大らしい戦いをしてきてください(観光学部4年・女子)
▶ プレッシャーに負けずに堂々と楽しんでください!! 応援しています。頑張れ東海!(観光学部2年・女子)
▶ 貪欲に淡々と日々突き進んで!(観光学部3年・男子)
▶ 鈴木がんばれ!! 駅伝優勝を目指して。元クラスメートより(学生)
▶ 箱根王者らしく堂々とライバルをねじ伏せろ!! GO連覇!(職員)

【12/11・高輪】
▶ 通っているキャンパスが異なるので練習風景を見たことはありませんが、同じ大学に通う者として応援したくなります。総合優勝目指して走りきってほしい(情報通信学部4年・男子)
▶ 優勝という目標は大事ですが、それに縛られず自分たちらしい走りを(情報通信学部4年・男子)
▶ 毎年沿道で応援しています。前回は家族で感動しました。力を出しきれるよう頑張ってください(情報通信学部2年・女子)
▶ 毎年家族と一緒にテレビで見ています。東海大が優勝してからさらに見るのが楽しみになりました。今年も総合優勝目指して頑張ってほしいです。応援しています!(情報通信学部4年・女子)

応援フラッグを館澤主将らにプレゼント

昨年12月18日に湘南校舎で開かれた箱根駅伝に向けた記者発表会で、本紙が企画・制作した応援フラッグを駅伝チームに贈った。ロゴマークとイラストデザインを担当した吉田佐亜弥さん(大学院芸術学研究科2年)と、寄せ書き集めに携わった学生記者の南雲小夜花さん(文学部4年)が両角速駅伝監督(体育学部准教授)と館澤亨次駅伝主将(体育学部4年)に手渡した。会見後には選手や両角監督らがフラッグを囲み、メッセージを読みながら箱根駅伝への気持ちを新たにしていた。

関連記事=箱根駅伝まもなく号砲!!
関連記事=“戦国駅伝”を勝ち抜き連覇に挑む

 
(写真上から)
▼田中碧さん(農学部2年)、平根鈴華さん(同2年)
▼(左から)原田聡美さん(健康科学部3年)、渡辺帆乃夏さん(同)、千葉茉夕香さん(同)、堀内佑華さん(同)
▼(左から)丸井雄太さん(観光学部2年)、田村憧太さん(同3年)、盒驚匣箸気(同)、岸田俊さん(同2年)
▼(左から)両角監督、吉田さん、南雲さん、館澤主将