News:スポーツ
2020年10月1日号
【陸上競技】岩佐選手が自身初の学生日本一に
今季初の対校戦・日本インカレ

湘南校舎の陸上競技部が9月11日から13日まで新潟デンカビッグスワンスタジアムで開催された日本学生対校選手権大会(日本インカレ)に出場。男子は砲丸投げで岩佐隆時選手(体育学部4年)が優勝し、総合で準優勝となった。同大会では、北海道キャンパス陸上競技部の小玉葵水選手(国際文化学部2年)が女子走り幅跳びに出場し、2位に入った。

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、春先から多くの大会が中止や延期となったため、日本インカレはシーズン初の対校戦となった。無観客で実施され、感染対策の一環で一部の競技ではルールも変更された。

岩佐選手が出場した砲丸投げは本来、6投(予選3投・決勝3投)で最もよい記録を残した選手が頂点に立つが、今大会は競技時間を短くするために、それぞれ2投ずつの4投で優勝を争った。

「本数が少なくなる分、1投目で予選を突破できるだけの記録を残し、後半にプレッシャーがかからないようにしたかった」と岩佐選手。最初の投てきで16メートル43をマークすると、1本1本フォームを修正し、4本目の投てきで17メートル52を記録して優勝を決めた。

例年とは違う環境の中で頂点に立ったことに、投てきブロックを指揮する與名本稔コーチ(体育学部講師)は、「活動自粛中もしっかりとトレーニングできていた証し。故障を乗り越えながら身につけた精神力の強さを感じました」と語る。

岩佐選手は1年時の冬に右手首を骨折し、翌シーズンをリハビリに費やした。復帰後はチーム史上初の17メートル台にまで記録を延ばすも、今年2月には高校時代から傷めていた椎間板ヘルニアの手術を受けた。コロナの影響で、復帰戦のターゲットとしていた5月の関東学生対校選手権大会は延期となったが、高いモチベーションを維持しながら練習を継続。課題だった体幹強化に重点を置き、トレーニングに励んだ。

「大学時代を通して、フィジカル面もメンタル面も成長できた」と岩佐選手。次に見据えるのは、18メートルの大台と日本選手権大会(10月1日〜3日・新潟デンカビッグスワンスタジアム)の初制覇だ。「実業団選手との高いレベルでの争いになりますが、1投目から攻める気持ちを持って、好成績を残したい」と意気込みを語っている。