News:研究
2021年5月1日号
7件の研究が採択
連合後援会研究助成金

在学生保護者の団体である東海大学連合後援会による「2021年度東海大学連合後援会研究助成金」が公募され、審査の結果、7件が採択された=表参照。

同助成金は、東海大学の教育・研究の発展に寄与することを目的として04年度から実施されており、今年度は「環境」「地域」をテーマとした研究が募集された。

3月11日には、書類による一次審査を通過した代表者がプレゼンテーションする審査委員会がオンラインで開かれた。連合後援会の二重作昌明会長が、「この研究助成金が大学の発展に寄与するように活用していただきたい」と期待を寄せ、山田清志学長のあいさつに続いて、各研究の代表者がプレゼンテーションした。それぞれの発表に対して山田学長や審査員から多くの質問が寄せられ、活発な質疑応答も行われた。