News:スポーツ
2021年7月1日号
大学日本一目指し努力を続ける
【男子バレーボール部】
コロナ禍でリーグ戦中止も

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、今春も各競技のリーグ戦や大会の中止・延期が相次いだ。未曽有の社会情勢の中、選手たちは東海大学の感染対策ガイドラインを遵守しながら、前を向いて努力を続けている。春季関東大学リーグ戦が中止となるも、2011年以来の大学日本一を目指す男子バレーボール部の活動を追った。

昨年度の全日本大学選手権大会(全日本インカレ)ベスト8の男子バレーボール部。収束の見えないコロナ禍により、春の関東大学リーグ戦だけでなく、6月に開催予定だった東日本大学選手権大会も中止になったが、4月にリーグ戦の代替試合となるオープン戦4試合を戦い、確かな手応えをつかんだ。

小澤翔監督(体育学部助教)が「落胆する様子はない」と語るとおり、選手たちは自主的に朝練習を取り入れるなど、秋以降の大会に向け努力を続けている。

「昨年度までは絶対的エースの新井雄大(体育学部卒・JTサンダーズ広島)に頼りがちだったが、今年度は身長の高い選手を多く起用しながら、速くて繊細なコンビバレーを構築している」と小澤監督。安部翔大主将(体育学部4年)も、「今までは試合でエンジンがかかるのが遅く、後半に巻き返せないことが多かった。今年度はスタートから全力で突っ込む意識で、走り込みも重ねている」と語る。

付属相模高校出身で、期待のルーキー・西山大翔選手(同1年)は、オープン戦の全試合に先発出場。「大学バレーのレベルの高さを感じた。通用するプレーもありましたが、ブロックやレシーブなど自分の足りないところが見つかった」と話し、将来のエース候補として奮闘している。

卒業生の活躍も原動力になっている。清水邦広選手(体育学部卒・パナソニックパンサーズ)と小野寺太志選手(同・JT)が東京五輪日本代表に選出され、安部選手は「先輩に“後輩が頑張っているな”と思ってもらえるようなプレーをしたい」と闘志を燃やす。 小澤監督は選手たちに「練習から試合を意識するように」と強調し、今後は「春に出た課題を克服し、レベルアップして秋のリーグ戦を迎えたい」と意気込む。10年ぶりの全日本インカレ優勝に向け、男子バレーボール部は歩みを止めない。

 
(写真上)湘南校舎の総合体育館で試合形式の練習に臨む選手たち
(写真下)身ぶりを交えて指導する小澤監督(左)