Column:本棚の一冊
2021年8月1日号
『自分の中に毒を持て』


“非”常識人間との対話
語学教育センター 鷹取勇希 助教



「かくあるべし」。この言葉に違和感をおぼえる人、「マニンゲン」くそくらえという人へ。

私は「ドクショ」があまり好きではない。視覚的情報搾取、その最たる行為に自分の思考が(幾許か)制限され、囚われてしまう状態にキモチワルサを感じるのだ。むしろ、自分の直感と感覚で如何様にも想像を膨らませられる「オンガク」という聴覚的刺激を好んできた。これは、愛読家とはマハンタイの私が紹介する著作である。

かの有名な岡本太郎、ご存じ「芸術は爆発だ」の男が遺した本。出遭いは、この言葉を初めて聞いてから25年ほど経った、とある教職の授業。どこかオナジニオイのする恩師が推薦する図書一覧に載っていた同書は、「直感型感覚人間」とでもよぶべきニンゲンにピッタリだった。

“非”常識人間に相応しい“いかにも”なタイトル。詳細は同書に譲るが、冒頭から言っている意味がまるでツカミヅライ。が、繰り返し読む。男は、自分の可能性に賭けて人生を最大限に膨らませ、自分に対して闘いを挑み続け、新しい自分を見つけていくことが大切だと説く。ひたすらポジティブな男、タダモノではない。

その一生をひたすら情熱的に終えた男は「“人間らしく”生きる道を考えてほしい」という。自分の人生は誰のものでもない。思うがまま生きる。モノを押しつけられ対抗しようともせず、ただそのイチブに成り果てる。そんなのは御免だ。うまく利用され使い捨てられる。赤の他人に服を着せられる。ポーズを決められる。やることをすべて支配されるなし崩し的無抵抗。そんな、まるで量産型のマネキンのようなシんだニンゲンに成り果てるなんてまっぴらだ。「使い捨てる代用品はいくらでもある」のではなく、「貴方でなければ駄目だ」という人間になるのだ。

人生は可能性に満ちあふれた真っ白いキャンバスだ。思い思いに絵の具をぶちまけ、好奇心を爆発させていくことこそ人生だ。自由と本能を「カタ」にはめ、ツマラナイ絵にしてしまうのはもったいない。私は、同書を犲分を変えるための人生バイブル本〞として絶対に読むべきだ! などと押しつける気は毛頭ない。ただ、その「カタ」に対して憤っているのなら、昨今どこか鬱屈した気分になっているのなら、その思いとともにこの“非”常識人間と納得がいくまで対話をしてみてはどうだろう。見事、“非”常識人間に成ったら、「人生は爆発なのだ」と叫んでやろうじゃないか。


『自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか』
岡本太郎著
青春文庫

 
たかとり・ゆうき 1985年埼玉県生まれ。博士(文学)。専門は言語社会学。