News:スポーツ
2021年9月1日号
【インターハイ】北川選手が走り幅跳びでV
静岡翔洋高陸上競技部が好成績

全国高校総合体育大会(インターハイ)陸上競技大会が7月28日から8月1日まで9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)で開催され、付属静岡翔洋高校陸上競技部が学校対校で準優勝となった。男子走り幅跳びでは、北川凱選手(3年)が優勝、深沢瑞樹選手(2年)が2位に入った。

7月29日に開催された男子走り幅跳びでは、5本目まで深沢選手がトップに立つも、最終跳躍で北川選手が7メートル67をマークし、逆転優勝を決めた。

6月のU20日本選手権大会では深沢選手が1位、北川選手が2位に入るなど常に世代トップを争う2人。北川選手は、「深沢に負けてしまうこともたくさんあったが、そのたびに”もっと頑張ろう”と気持ちが入った」と話し、「昨年から、”インターハイでワンツーフィニッシュを飾ろう”と話してきたので、実現できて本当にうれしかった」と声を弾ませた。

今大会は後塵を拝した深沢選手も、「不思議と悔しさよりも充実感が大きい」と振り返る。「同じ舞台で戦い続け、負けたときには涙が出るときもあった。ただ、この大会は北川さんと出る高校最後の大舞台。優勝できればもっとうれしかったのかもしれないが、最高の結果と胸を張れます」と笑顔を見せた。

菅間友一監督(静岡翔洋高教諭)は、「北川は練習量が豊富で、深沢は自分のリズムで必要なメニューを淡々とこなしていくタイプ。スタイルは全く違いますが、チームメートとして、そしてライバルとして常に意識しながら成長していた」と語る。両選手とも将来の目標は、「国際舞台で活躍する選手になること」。北川は来年度から大学へと進むが、「日の丸を背負ってともに戦う」という新たな夢を目指し、2人は今後も努力を続けていく。

800メートルで大会新 悔しさバネに急成長

男子800メートルでは兵藤ジュダ選手(3年)が、大会新となる1分48秒26をマークして頂点に立った。1500メートルでも準優勝し、「最後のインターハイで満足のいく結果を残せた」と振り返る。

指導にあたる秋岡達郎長距離・駅伝部監督(静岡翔洋高副校長)は兵藤選手について、「今年1年間で高校生トップクラスまで力を伸ばすことができた」と評する。昨年11月の静岡県高校駅伝競走大会では、エースとして1区を任されたものの本来の力を発揮できず、区間13位に沈んだ。全国高校駅伝競走大会(都大路)への出場権を逃し、兵藤選手は、「自分の競技に対する考えに甘さがあった。責任を痛感した」と振り返る。

今年度からは長距離・駅伝主将に就任し、練習中は先頭に立ってチームを引っ張るようになった。競技力も飛躍的に向上し、長距離界のホープへと成長を遂げる。インターハイで深めた自信を胸に、「今年度こそチームを都大路に導きたい」と抱負を語っている。

66キロ級服部選手 73キロ級木原選手が優勝
7月24日から8月24日にかけて、福井、新潟、富山、石川、長野の北信越5県で全国校総合体育大会(インターハイ)が開催された(ヨットのみ和歌山県で開催)。付属高校から多くの選手が出場し、8日から12日まで長野市真島総合スポーツアリーナで開催された柔道では、付属相模高校の2選手が優勝した。
 
66キロ級の服部辰成選手(2年)は1、2回戦で一本勝ちを収め、3回戦は技ありで勝利。4回戦と準決勝はゴールデンスコア方式の延長戦に突入するも一本勝ちし、決勝では福田大和選手(平田高校)に優勢勝ちして初優勝を決めた。
 
73キロ級の木原慧登選手(1年)は、初戦となった2回戦を延長戦の末に技ありで制すと、3、4回戦は一本勝ち。準決勝は技ありで制し、延長戦となった竹市裕亮選手(大牟田高校)との決勝は優勢勝ちした。

13日から16日に和歌山セーリングセンターで開催されたヨット競技(女子レーザーラジアル級)には、付属静岡翔洋高校の山彩加選手(3年)が出場。荒天により予定の本数より少ない3本のレースで争われ、準優勝となった。

 
(写真上)表彰式で笑顔を見せる北川選手(左)と深沢選手(写真提供=静岡翔洋高陸上競技部)
(写真下)練習でもチームメートを引っ張り成長を遂げた兵藤選手