News:学生
2021/06/01 【湘南】eスポーツ全国大会に出場
2021/06/01 卒業生と学生が南阿蘇村で聖火リレー
2021/05/01 活動10年史を制作・発行
2021年6月1日号
【湘南】eスポーツ全国大会に出場
大学日本一目指し奮闘

工学部の魚住玲央さん(4年)と理学部の赤岩資泰さん(2年)が4月24、25日に、埼玉県・ところざわサクラタウンで実施された「Japan University eSPORTS Championship:U-Champ. 〜日本学生eスポーツ競技大会〜」の決勝大会に出場した。

同大会は、大学eスポーツのさらなる発展や文化・地域・経済・社会の発展を目的に、一般社団法人日本eスポーツ連合が初めて開催したもの。バトルロワイアルゲーム「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」とサッカーゲーム「eFootball ウイニングイレブン 2021」(モバイル版)、格闘ゲーム「ストリートファイターV チャンピオンエディション」の3タイトルで大学日本一を争った。

魚住さんと赤岩さんはともに「ウイニングイレブン」部門に出場。3月20、21日に開催されたオンライン全国予選を突破した8人が会場に集った本大会では、まず4選手ごとに分かれたグループリーグに臨んだ。

Bグループに入った2人は、赤岩さんが2勝1敗、魚住さんが3敗という結果に。2グループの優勝者による決勝に駒を進めることはできなかったが、どちらも「自信があった」と口をそろえるパス回しを武器に、何度も見せ場をつくった。試合の様子はオンラインで配信され、コメント欄には2人のプレーを称賛するコメントも数多く並んでいた。

試合後、魚住さんは「緊張してしまい、普段ならできるプレーも難しかった。対戦時間の6分はあっという間に終わってしまい、悔しい気持ちでいっぱいです。今後も技術を磨いて、さまざまな大会でリベンジしたい」と語り、赤岩さんは「eスポーツの大会に出るのは初めてだったので、独特の雰囲気にのまれてしまいました。もっとうまくなりたいと感じたので、今回の貴重な経験を糧に練習を重ねていきます」と話していた。

 
(写真上)魚住さん(左)と赤岩さん
(写真下)試合映像はオンラインで配信された