News:学生
2021/01/01 【静岡】学生会がキャンパスを彩る
2020/12/01 【農学部】臨空校舎で新しい学び
2020/12/01 内閣総理大臣表彰を受賞
2021年1月1日号
【静岡】学生会がキャンパスを彩る
イルミネーション鮮やかに

短期大学部で昨年11月30日に、3号館前に飾られたイルミネーションの点灯式を実施。12月25日までの約1カ月、キャンパスを華やかに彩った。

今年度は新型コロナウイルス感染症の拡大により、サークルなどの課外活動が制限された。11月の「柚木りんどう祭」(建学祭)も中止となり、学生会主催のイベントが開けずにいた。

そんな中、「コロナ禍でもできることをしよう」とイルミネーションの装飾を企画。雪だるまや木馬の電飾を設置し、木々もライトアップした。企画リーダーのファム ハ クワン タンさん(食物栄養学科2年)は、「りんどう祭はぎりぎりまで開催を目指して準備していたので、中止が決まったときは悔しかった。短大は今年度で閉学となる予定なので、最後に何か思い出をつくりたいと企画しました」と振り返る。

夕方から点灯するイルミネーションは、学生たちが足を止め写真を撮るなど、寒空の下でもにぎわうスポットに。「先生方からも『きれいだね』と言ってもらえてうれしかった」と笑顔を見せた。

また、例年開催していたクリスマス会も中止となったことから、代替イベントとして学生会が全学生と教職員にお菓子のプレゼントを用意。12月17日に、学生会メンバーが山本康治学長と片桐正明事務室長に手渡した。


 
(写真上)リーダーのタンさん(前列中央)を中心に企画し、3号館前の木や垣根を飾りつけ
(写真中)さまざまな飾りがキャンパスを彩る
(写真下) 山本学長(右)にプレゼントを贈呈