News:学生
2020/09/01 コロナ禍の就職活動を支援
2020/08/01 【付属図書館】電子書籍閲覧サービスが充実
2020/08/01 記念文集で思いを残す
2020年9月1日号
コロナ禍の就職活動を支援
WEB活用し各地でイベント

新型コロナウイルスの感染拡大により春学期中の大学への入構が禁止されたことから、各校舎や学部ではオンラインで学生の就職支援行事を企画。企業の夏季インターンシップ、オンラインでの選考に向けて、6月からさまざまなガイダンスやセミナーが開催された。

6月25、26、29、30日と7月20、21、22日の7日間、学部3年生と修士1年生を対象にキャリア就職センターの「就職ガイダンスPart.2」がオンラインで開催された。来年3月から本格化する就職活動に向けて、コロナ禍における就職活動の現状や企業研究の方法などを伝え、夏季インターンシップの参加を促進することが目的。期間中は約700人が参加した。

同センターの水島久光所長(文化社会学部教授)は各回で、新型コロナの感染拡大により社会で求められる事業・サービスや働き方が多様化していると説明。幅広い業界・職種の研究や、大学での経験をスキルとしてPRするための自己分析に努めるよう語りかけ、「夏季インターンシップへの参加や新聞を読むことで、社会全体や志望する企業がどのように変化しているのかを感じ取り、就職活動に生かしてください」と話した。そのほかにも同センターによる支援内容が紹介された。

また、7月27日から29日までの3日間、学部4年生と修士2年生を対象とした「WEB合同企業説明会」が開かれた。感染予防のため学内外の説明会が相次いで中止となっていることから、学生が幅広い業界の企業と出会う場を提供するために同センターが企画したもの。

期間中は全校舎から約100人が参加し、多様な業種の企業担当者から説明を受けた。参加者からは、「動画での説明ではなくライブ形式だったため、企業の方に質問しやすかった」「イベントの自粛が続く中、こういった機会を設けてもらえるのはありがたい」といった声が聞かれた。

各校舎・学部でセミナー WEB説明会も実施

各校舎・学部でも、株式会社マイナビや株式会社リクルートキャリアから講師を招いたオンラインセミナーが企画された。

湘南校舎では7月、政治経済学部や体育学部、健康学部などが3年生を対象に、学部単位で夏季インターンに向けたオンラインセミナーを実施。講師からは昨年度の求人倍率やコロナ禍での企業の対応などが解説された。

熊本校舎でも7月29、30日の2日間、オンラインの就職ガイダンスが開かれた。講師からは、オンラインで選考を行う企業が増えたことや、それに伴う注意点などが語られ、「首都圏の企業の選考に参加しやすいなどのメリットもあるので、志望する企業の幅が広がる」とアドバイスが送られた。

今後も各校舎・学部でさまざまな就職支援行事が実施される予定。詳細はキャンパスライフエンジンの「キャリア支援ナビ」を確認のこと。

 
(写真上から)
▼「就職ガイダンスPart.2」では、キャリア就職センターの水島所長がコロナ禍での就職活動についてアドバイス
▼体育学部オンラインセミナー開講の様子
▼熊本校舎のオンラインセミナー開講の様子