News:ひと
2021/11/01 2年連続で最優秀賞
2021/10/01 【湘南】原子炉内のガスの動きを解析
2021/07/01 集大成のリサイタル
2021年11月1日号
2年連続で最優秀賞
中国語スピーチコンテスト
丸山 晴さん(政治経済学部4年)

「コロナ禍で語学留学はできませんでしたが、あいた時間は単語や文法などの勉強をしていたので、その成果を発揮できた」

10月3日に開催された、全日本中国語スピーチコンテスト神奈川大会の「朗読発表会部門」大学生・大学院生の部で最優秀賞に輝いた丸山晴さん(政治経済学部4年)。昨年度も同大会で同賞に選ばれており、「今大会は以前よりも大きなプレッシャーを感じました」と振り返る。

課題文は、心情の描写が含まれた文体で、声の強弱や身ぶり手ぶりなど感情表現が重要。本番当日まで、語学教育センターの森山美紀子教授と一対一で朗読練習を重ねた。

大学1年からアルバイトを続けている中華料理店で中国語に出会った丸山さん。「食べることが好きで、中国語を学ぶ原動力は料理」と笑う。森山教授が指導する日中言語交流サークル「CCU2021」では、中国人留学生らとの交流を通してネイティブに近い発音を練習。日本中国語検定協会の試験で2級を取得し、中国政府公認の中国語能力試験「HSK」でも難易度の高い5級を取得するなど、資格の獲得にも邁進してきた。

大学卒業後はアルバイト先に就職予定。「中国語人材の需要は高まってはいますが、日本人が話す外国語といえば英語。大学生活で得た特徴的な成果を社会でも生かしたい」

 
(写真)賞状を手にする丸山さん