News:研究
2016年9月1日号
イメージング研究センター開設
「見ること」に特化した新拠点
ニコンインステックと協力 技術開発でも連携

「見ること」に特化した産学協同による私立大学初の共同利用施設「東海大学イメージング研究センター」が、8月9日に湘南校舎12号館1階に誕生した。この分野で世界最先端の技術を持つ株式会社ニコン製機器の国内販売を担う株式会社ニコンインステックの協力で実現したもの。同日には17号館ネクサスホールで産学連携包括協定締結式と内覧会が行われ、多くのメディアや関係者が出席した。

同センターは、12号館にあるマイクロ・ナノ研究開発センターをはじめ東海大学の研究力をさらに向上させるとともに、光学機器の先端研究への利用を通じてニコンインステックのさらなる技術向上などに役立てたいとの考えで両者が一致し実現したもの。同社の木村高社長は調印式で、「マイクロ・ナノ研究開発センターの教員の研究にかける熱意を目の当たりにし、これまでにない形で連携できないかと考えた」と語った。

各国の研究機関と同社が連携する形で開設された研究拠点は9つあり、国内では北海道大学に設けられているが、いずれもミクロの世界を見ることに特化した施設。それに対して東海大のセンターには、さまざまな物質をナノサイズで観察するバイオ研究用の電子顕微鏡や、大きな金属製品の内部を非破壊で見られる産業用X線/CTシステムなど、ニコンおよび、同社と提携関係にある日本電子蠅慮学機器11台を設置。一つの物質をさまざまなサイズで観察し、基礎から実用化までの幅広い研究分野にも対応できるようになっている。

マイクロ・ナノ研究開発センターの喜多理王教授(理学部)は、「幅広い分野の機器が同じ学内で1カ所に集まる施設ができた意義は大きい。研究のさらなる進展につながることは間違いない」と話す。

新たな産学連携でイノベーションを生む

9日の締結式には、ニコンインステックの木村社長とニコンの中村温巳執行役員、東海大の山田清志学長ら関係者が出席。木村社長と山田学長が協定書に署名した。

山田学長は、創立以来産学連携に積極的に取り組んできた東海大の歴史や政府の総合戦略に盛り込まれるなど産学連携の社会的ニーズが高まっている現状を紹介。「互いの強みを生かす新たな産学連携の形になっている。この施設が多くの人に活用され、そこから生み出される成果が地域社会に広く貢献すると確信している」と語った。

続いて中村執行役員が、「今後この施設で行われる研究は、新たな価値の創造や科学技術、人材育成への貢献を目指すもので、我々の方向性とも合致している。ここから多くの成果が生み出されることを期待している」と述べた。

続いて、工学部の槌谷和義教授とニコンインステックのスタッフが開設の経緯と特徴を紹介。センターの内覧会も行われ、メディア関係者と教員らが機器の性能や特徴について熱心に質問する姿が各所で見られた。

開設を記念し学術講演会も開催

当日は、センターの開設を記念した「マイクロ・ナノ啓発会第7回学術講演会」も開催された。今回は同センターの開設を記念し、イメージング技術の歴史や最先端の研究動向、今後の可能性について東京大学の吉川雅英教授とニコンの圓谷寛夫氏が講演。学生や教員が自らの研究を紹介し、自由に語り合うポスターセッションも行われた。

関連記事=[研究室お邪魔します!]先端研究と地域の発展を支える
 
(写真上から)
▼内覧会の様子。今後同センターは、光学機器の展示場としても活用される
▼協定書を取り交わす山田学長(左から2人目)と木村社長
▼ネクサスホールには立ち見が出るほど多くの学生・教職員が詰めかけた