特集:東海大生200人に聞きました
2020年3月1日号
あなたの趣味は何ですか?
音楽、映画、スポーツ……

多種多様な趣味の時間を楽しむことで、視野が広がったり、友人が増えたりと、よりキャンパスライフを楽しめるはず。音楽や映画の鑑賞、スポーツ観戦に読書、ショッピング……東海大生はどのような趣味を持っているのだろうか? 200人に聞いた。(構成・編集部)

「趣味はありますか?」と尋ねると、93%が「はい」と回答。「どんな趣味ですか?」との問いには、「音楽・ライブ鑑賞」が105人で半数をこえ、フリーコメント欄にも、「音楽、ライブ鑑賞は昔から好きで、さまざまなアーティストのグッズが家にある」(生物学部1年・女子)、「好きなアーティストのライブのために大阪まで一人で行った」(文化社会学部2年・女子)、「『ひらがなかみやど』最古参、ゆっち推し」(情報理工学部3年・男子)など多くのコメントが寄せられた。

2位には「ゲーム(テレビ、スマホなど)」78人、3位には「映画・DVD鑑賞」69人が続く。休日や空き時間は、「ユーチューブを見る」(健康科学部4年・女子)、「ソファでテレビを見ながらゴロゴロ過ごす」(観光学部4年・女子)など、インドア派の意見も目立った。

「趣味がない」という学生の理由は、「趣味といえるほど熱中しているものがない」9人、「飽きっぽい・長続きしない」5人、「時間がない」4人と続く。「スマホの利便性、多様性が高すぎて、空き時間はスマホを触ってしまう」(海洋学部3年・男子)という声もあった。

地域特性や学びを生かし多種多様に広がる世界
北は札幌から南は熊本まで全国にキャンパスがあり、多様な学部がある東海大。「学生のうちにダイビングの本数が100本をこえた!」(海洋学部3年・男子)、「自分で育てた野菜で料理をするのは最高」(農学部3年・男子)といった普段の学びに近い趣味を持った学生や、「鉄道模型が
趣味で、気づいたら家に400両近く車両があって驚いた」(工学部3年・男子)、「絵を描く趣味の一環で、元素を擬人化している。元素が好きな仲間内で、元素に関する自慢話をツイッター上でしている」(医学部2年・女子)といった趣味を極める学生も。

「周囲の人と共通の話題をつくるために、趣味を増やしたり新しいジャンルに挑戦したりするようになり、結果として友人が増えた。休日にやりたいと思えることが増え、以前よりも充実した毎日を過ごせるようにもなった」(法学部3年・男子)という学生もいる。日々の生活に彩りを添える趣味。あなたはどんな趣味を持っていますか?

学生たちの声から
Q. 趣味に関する自慢や最近のエピソードを教えてください
▼最近カメラを買った。新しいレンズにはまり、水族館などで写真を撮っている(海洋学部2年・女子)
▼ライブの映像をキレイに見たかったので、テレビを新しくした(情報通信学部2年・男子)
▼北米、中米、南米、中国、東南アジア、ヒマラヤ付近、インド、ヨーロッパなど18カ国ほどを旅行し、多くのものを見た(文化社会学部1年・男子)
▼CPサッカー(脳性麻痺者7人制サッカー)の数少ない女性選手の1人(政治経済学部3年・女子)
▼1月の初めに本を3冊買った。人工知能技術の一つである機械学習についての勉強が面白い(法学部1年・男子)
▼昨年の夏、放送開始当初から9年にわたって聴き続けてきたラジオ番組のリクエストコーナーに出演させてもらった。最終回前日、リクエストコーナーの最終回で選曲に対する感性を褒めてもらえたことが印象に残っている(文学部4年・男子)
▼10万人以上が参加するガンダムのゲームに参加。そのうちの1つのグループで1位になった(情報理工学部4年・男子)
▼散歩が趣味で、1日に3万64歩も歩けた(工学部1年・女子)
▼昨年は41本のライブに行ったので、今年は50本行きたい。西宮神社の絵馬にも「今年はライブを我慢することがありませんように」と書いてきた(医学部2年・女子)


Q.空き時間や休みの日は何をしてすごしますか?
▼主にアルバイト。それ以外の日は家の片付けや語学学習、まとめてドラマを見る(観光学部4年・女子)
▼SNSを利用しておいしそうなお店を探し、友人と食事に行く(政治経済学部4年・女子)
▼インスタグラムで話題の名所やグルメを探す(教養学部4年・女子)
▼友人の車でドライブするのが楽しい(基盤工学部3年・男子)
▼水槽掃除(海洋学部1年・女子)
▼農業!(基盤工学部2年・男子)

Monitor's Voice

米山慶亮さん(海洋学部1年)
一般的な釣りではなく、糸と針と手でする「手釣り」が趣味。魚の引きが直にわかるので楽しい。つい先日はフグしか釣れず悲しかったけれど、引きが強かったので楽しかった。


植竹航大さん(観光学部1年)
自転車で出かけるのが好きで、高校2年生の夏には友人と神奈川から京都まで行きました。出発の2日後にホテルを予約していたので、寄り道することなく走り続けました。今ではいい思い出ですが、けっこうキツかったのでそれ以来あまり遠征はしていません(笑)。最近は箱根やスカイツリー、東京タワーなど、100キロ圏内で楽しんでいます。自分の力でどこまでも行けるのが自転車の魅力。今度は東北のほうへ、ゆっくり遠出してみたいです。

 
【学生アンケート調査】●調査期間:2020年1月10日〜2月7日●調査対象者:東海大学在学生(湘南校舎:128人、代々木校舎:4人、高輪校舎:10人、清水校舎:18人、伊勢原校舎:15人、熊本校舎:12人、札幌校舎:13人)●調査回答数:200人●調査方法:ヽ慇献皀縫拭爾謀豎ぢ膤愎景WEB版のアンケートフォームから回答を得る▲ャンパス内でアンケート用紙を直接配布して回答を得る。