News:付属諸学校
2016年9月1日号
相模高がアベックV3
【学園オリンピックスポーツ大会】
リオに負けない熱戦!

学園オリンピックスポーツ大会が8月6日から8日まで湘南校舎で行われた。男子は9種目、女子が8種目で日ごろの練習の成果を競い、2294人が参加した。
 
開会式では山田清志学長が、同時期に開催されたリオデジャネイロ五輪を例に、「地球の裏側でも東海大学の在学生や卒業生が金メダルを目指して戦っている。湘南でも同様に熱い戦いを期待しています」とあいさつした。

連日30度をこえる炎天下の中で、選手たちは熱戦を繰り広げた。総合結果は男子でサッカーやバレーボールなど5種目を制し、女子でもソフトテニスと剣道を制した付属相模高校が3年連続のアベック優勝を果たした。

例年同様、運営には体育学部スポーツ・レジャーマネジメント学科の学生らが参加。開会式後に、過去にスポーツ大会に出場し、現在は東海大の運動部で活躍する選手たちからのメッセージビデオを上映したほか、熱中症に関するセミナーも実施。スポーツドリンクを配布するブースを設営するなどサポートした。

関連記事=7部門で知識と友情を育む
関連記事=キャンパスライフを体験
 
(写真)
各校の校旗とともに行われた選手宣誓