News:学園
2017年12月1日号
学園マスタープランを策定
【学校法人東海大学】建学100周年に向けた総合戦略
不変の「建学精神」のもと
学園の「あるべき姿」を目指す


学校法人東海大学が今年度に迎えた建学75周年の節目に合わせて、建学100周年を迎える2042年に向けた学園の総合戦略として「学園マスタープラン『TOKAI CENTENARY PLAN〜Voyage to 2042〜』」を策定。11月1日に湘南校舎で挙行された建学75周年記念式典で松前義昭理事長・副総長から発表された。不変の「建学の精神」のもと、学園が100周年に向けて続ける航海のための「羅針盤」ともいえる内容となっている。

学校法人東海大学は、1942年の建学以来、創立者・松前重義博士が掲げた建学の精神を堅持し、文理融合の理念や幼稚園から大学までの一貫教育体制を基軸として教育・研究活動を展開してきた。

「学園マスタープラン」は、この建学の精神のもとに築いてきた歴史と伝統を礎にして、学園が求めていく共通の価値、行動指針に沿った目標を共有し、協力し合う体制を堅持していくためのもの。

15年度から学園の若手・中堅職員によるワーキンググループ(WG)での議論と検討が始められ、このWGからの提言を受けて、学校法人東海大学の黒田和一郎常務理事(経営企画室長)をリーダーとする「学園マスタープラン検討プロジェクト」が、学園の各部門と意見調整を行いながら成案づくりを進めてきた。

6つの階層で構成 PDCAサイクルも確立

マスタープランは6つの階層で構成されており、まず、「建学の精神【使命】」のもと、25年後の「学園のあるべき姿【目的】」を明示。次にそれを体現するために、学園が取り組むべき「学園の戦略実行計画【共通戦略目標】」が示されている。これは「教育研究基本方針」「財務」「人事」「施設設備」の4つの項目ごとに計画されており、それぞれにKGI(重要目標達成指標)が設定されている。

さらに次の階層では「法人部門」「高等教育部門」「初等中等教育部門」「医学部・付属病院部門」の4つの部門ごとの「中期運営方針・事業計画(重点取組項目)【部門中期目標】」とそれに基づく「単年度運営方針・事業計画【部門単年度目標】」にKPI(重要業績評価指標)が設けられ、段階的に達成度が検証されるようになっている。

こうして整理された学園の目的・目標は、さらに各機関や校舎でブレイクダウンされ、「運営計画【機関目標】」を明確にしたうえで予算編成が行われて、さまざまな活動が展開されていくことになる。

また、単年度ごとに事業計画と事業報告を用いたPDCAサイクルが確立されており、「学園の戦略実行計画」や「中期運営方針・事業計画」を見直す体制が構築されている。なお、学園マスタープランは、一般には「建学の精神」や「学園のあるべき姿」など内部経営情報を含まない部分のみが公開されている。

25年間を「躍進期」に大型事業を公開
学園では75周年にあたってこれまでの歩みを振り返り、およそ四半世紀ごとに「期」の名称を設定。42年の学園創立から65年までを「創設・再建期」、66年から91年までを「拡充期」、92年から2016年までの四半世紀を「展開期」とした。

さらに今後の25年間を「躍進期」と位置づけ、すでに実施に向けて検討を開始している主な大型事業を公開。「大学学部改組(全キャンパス立地構造改革)」や「一貫教育の到達度を踏まえた入試制度改革」「医学部・付属病院部門事業構造改革」「国際交流プラザ(学生寮)建設」といった内容を打ち出している。



▲学園マスタープランは、上から「建学の精神【使命】」「学園のあるべき姿【目的】」「学園の戦略実行計画【共通戦略目標】」「中期運営方針・事業計画(重点取組項目)【部門中期目標】」「単年度運営方針・事業計画【部門単年度目標】」「運営計画【機関目標】」の6つの階層で構成。学園の資源を最大限に生かしながら、あるべき姿を体現するために学園の共通の戦略実行計画を策定し、その達成目標に向かって着実な検証とフィードバックを重ねていくためのつくりになっている※部門:法人部門、高等教育部門、初等中等教育部門、医学部・付属病院部門



▲「学園のあるべき姿」は、学園が築いてきた歴史と伝統を根底に、共通するスピリットである『挑戦、友情、正義、愛、先駆け』を礎として、建学以来学園が見据えてきた『世界』『平和』が基軸に定められ、学園の共通の価値、行動指針が示されている



プランの詳細をサイトで「歩み」記す動画も
「学園マスタープラン」の詳細を示した冊子は 学校法人東海大学の公式サイトで電子版が公開されている。また、75周年を機に、学園を紹介するムービーも制作された。創立以来のこれまでの学園の歩みを記録した「建学75年の歩み篇」と今後の展望を紹介する「学園マスタープラン篇」が同サイトで公開されている。





関連記事=【学校法人東海大学】100周年に向けて航海を続ける
関連記事=【建学75周年記念式典】海外からも多数の来賓
関連記事=75周年記念祝賀会を開催

 
(写真)学園マスタープランを紹介する冊子は、建学記念式典で配布。電子版も公開されている